B-25J ミッチェル

三田の奥本模型店で購入した「B-25J ミッチェル シャークティース」が完成しました。
画像

ハセガワ模型のHPで調べてみましたが、この「B-25J]は新しいキットになっており、奥本模型店で購入したキットは現在販売されていないようです。

「B-25 ミッチェル]は第二次世界大戦中のあらゆる局面において用いられ、連合国に敵対するドイツと日本に対する攻撃に使用されました。
「ミッチェル」の愛称はアメリカ陸軍の将校ウィリアム・ミッチェル准将にちなんでいます。なお、アメリカの軍用機のうち、個人名が愛称として採用されたのはこのB-25「ミッチェル」のみだそうです。派生型を含めた総生産数は約10,000機。また、1942年4月18日、太平洋戦争でアメリカによる初の日本本土空襲した爆撃機として知られています。
(Wikipediaより抜粋)
画像

(実機の写真もWikipediaより)

★「B-25J ミッチェル シャークティース (1/72 ハセガワ)」
画像


いつものようにコクピットなどの機体内部から制作開始。
画像

胴体を貼り合わせたところ。
画像


主翼と尾翼、垂直翼を接着。
大まかな形が出来上がりました。
画像


機体色を吹き付け。
画像


今回は箱絵と違うデカールを貼ってみました。
画像


最後に砲塔、タイヤ、プロペラなどの細かい部品を接着して完成♪
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

古いキットなので劣化などが心配でしたが、デカールもしっかりしており、組具合も良好でした。
また、お宝を求めて「奥本模型店」へ行ってみようと思っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック