4月の花壇

ここ数日テレビなどでは、しょっちゅう「平成最後の○○」などと報道されていましたが、平成も今日で最後の一日になってしまいました。
平成時代には色々とありましたが、我が家ではまずまず平穏な時代であったように思います。

さて、4月になって我が家の花壇もだいぶ賑やかになってきました。
画像


4月上旬に撮ったものなので、水仙やチューリップの花はもうありません。
画像

画像


フリージアはまだ元気です♪
画像

画像


これ、何だったか忘れました^^;
画像


今年も花桃や極楽鳥花が咲きました。
画像

画像

画像

画像


クリスマスローズ。
画像

画像


さぁ、いよいよ「令和」。
良い時代になるといいですね。

この記事へのコメント

kunityan
2019年04月30日 19:23
平成から令和へと、年号が変わるに
相応しい光景ですね。

天皇陛下が常に願っておられるように、
写真のような穏やかで美しい平和な
時代が続くことを願いたいですね。

当地も漸く雪融けが終わり、待ちか
ねたように先頭を切って水仙が
名乗りを上げました。
2019年05月02日 08:36
おはようございます
平成は天災の時代でしたが
戦争のない平和な時代であったことも
確かですね

令和は災害の少ない そして平和が
続きます様心から祈ってやみません

お花がいっぱい咲いて OZMAさんの
お宅は平和がたくさんですね♪
2019年05月03日 10:42
花壇が華やかになりましたね
実家もご近所も花がいっぱいです
癒されますよね

振り返ると色いろあるんですよね
のんびりゆったりと過ごせないものかなぁ~
時どきボケーってしてますが、大体はバタバタしてますからねぇ(笑)

令和が平和で良い時代になってほしいですね
OZMA
2019年05月07日 16:26
kunityanさん、
令和の時代も平和であって欲しいですね。
瀬戸内ではもう水仙はありませんが、北海道地方はこれから花が咲き始め、華やかになるでしょうね。
OZMA
2019年05月07日 16:32
おとめさん、
「平成の天災」といえば、「阪神・淡路大震災」を思い浮かべます。我が家のある明石川から西の地域は比較的軽微な被害でしたが、あんなに揺れたのにはビックリしました。天災への備えの必要性を痛感しました。

この時期になると、我が家の花壇も賑やかになり、心がウキウキしますねw
OZMA
2019年05月07日 16:35
とまるさん、
私は「サンデー毎日」の身分なのですが、今年は自治会長が当たってしまい、何だか慌ただしいです。
ブログもサボってばかりでスミマセン^^;

この記事へのトラックバック