いなみの万葉の森

9月15日(土)
かみさんとランチがてらに訪れた「いなみの万葉の森」で偶然Shinさん夫妻と出会いました。
予定ではなかったのですが、せっかくなのでShinさんの案内で園内を歩いてみました。
画像

稲美町は古来より万葉集に詠まれた“いなみ野”に位置し、この万葉の森は当時のいなみ野と瀬戸内海を形造った日本庭園なのだそうです。

園内に少し入ると池があり、池のふちに東屋が建っています。
この池が瀬戸内海を模したものなのでしょうか??
画像

池をのぞいてみると水連が咲いていました。
画像


園内には175種類の万葉植物が植えられているそうですが、あいにくこの時期にはあまり咲いていませんでした。
画像

画像

白と黄色のヒガンバナが咲いていました。
画像

よく目にするのは赤いヒガンバナですが、白や黄色とは珍しい^^
画像

ヒガンバナの傍らに歌碑が埋め込まれていました。
画像

ヒガンバナのことを当時は「いちし」と言っていたのですね。
なるほど、柿本人麿は「いちしの花はいちしろく」と詠んでいますね。
壱師(いちし)が詠まれている歌は、万葉歌多しといえどもわずかにこの一首だそうです。
ところが、わずか一首に詠まれているこの壱師の花の特定には古くから諸説があり、ヒガンバナをはじめ、クサイチゴやエゴノキがその有力候補とされているそうです。

他にもこんな歌碑がありました。
花は咲いていませんでしたが^^;
画像

画像

ここには、“いなみ野”を詠んだ万葉歌碑が9基あるそうです。
万葉集や和歌に興味があれば、もう少し真剣に探してみるのですが・・・・

なかなか雰囲気の良い庭園です。
時間があれば、ベンチに座ってボンヤリ眺めているのもいいですね。
画像

ランチの時間も気になるので、休憩せずに先へ進みます。
画像


せせらぎが流れていました。
画像

画像


Shinさん夫妻はもう少し先まで歩いてみるということなので、我々は近くのレストランへランチを食べに行きました。
画像

万葉の森の中にはこんな素敵なレストランがあります。
画像

画像

ランチは、この一種類のみで1000円。
画像

きれいな庭園と美味しいランチ。
なかなかお値打ちでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2018年10月01日 00:50
庭園を散歩してたらshinさんご夫妻に会うなんて凄いですね

彼岸花結構咲いてますね
黄色は珍しいと思います
私は赤と白しか見たことないです

ランチも手頃な値段でいい感じですね
2018年10月01日 12:31
こんにちは
落ち着いた良い雰囲気の公園ですね!
レストランも 品数多くておいしそうな
感じで1000円なんて 良いですね!
OZMA
2018年10月04日 09:01
とまるさん、おはようございます。
白い彼岸花はたまに見かけますね。
私も黄色い彼岸花は初めて見ました。
OZMA
2018年10月04日 09:04
おとめさん、
こちらのレストランのランチはリーズナブルで美味しいという定評でしたので、来てみることにしました。
しかし、こんなに素敵な庭園あるとは知りませんでしたよ^^

この記事へのトラックバック