麗しの中欧53~ゲッレールト温泉~

地下鉄の駅を出て少し歩くと、ダヌビウス・ホテル・ゲッレールトが見えてきました。
画像

ホテルの正面の東屋のような建物は、水飲み場だそうです。
画像

画像


お目当てのゲッレールト温泉は、このホテルの中に併設されているそうです。
ここはホテルの入り口で、ここから70mほどぐるりと右手に廻ったところに温泉の入り口があるようです。
画像

ここが温泉の入り口ですね。
画像


さっそく中へ入ってみました。
画像

まずは入場券を購入するのですね。
指を二本出して「Two adult ね。」
一人5700Ft(2300円ほど)でした。
ここまでは順調。
受付で文字盤のない腕時計のような物を渡されました。
「何じゃこれは?」
画像

左手がホテル、右手が温泉のようです。
画像

ここが温泉の入り口かな?
画像

入っていく人の様子を見ていると、腕時計のような物を機械にかざして中に入って行きます。
この中にICチップが埋め込まれているようです。
入浴手形のようなものですな^^
画像

中に入ると、カーテンで仕切られたコーナー(キャビン)がたくさんあります。
画像

画像

画像

使ってなさそうなキャビンの一室に入ってみると、古い木製のロッカーが設置されていました。
ところが鍵穴はあるのですが、どこにも鍵が見当たりません。
これじゃ、貴重品を置いておくことが出来ません。
まずいことに、「ホテルの貴重品BOXは使わない方が無難」と添乗員さんから聞いていたので、パスポートも財布もこちらに持ってきてしまっていました。
画像

入り口に戻って、近くにいた係の人に「ロッカーの使い方が分かりません。」と聞くと、何やら答えが返ってきましたが、私の英会話力では理解不能><;
キャビンの前で右往左往していると、係員らしいあんちゃんが通ったので、「ロッカーの鍵がない」と言うと、あんちゃんが「ロッカーの鍵を持っている」と言います。

水着に着替えて、先ほどのあんちゃんに「ロッカーの鍵を閉めて」とお願いすると、鍵を閉めてその鍵を渡してくれるのかと思いきや、何と共通キーであんちゃんが持っているのはこれ一つ切り^^;
我々が温泉に入っている間、あんちゃんロッカーを勝手に開けることが出来るではありませんか・・・・
添乗員さんから、「盗難には十分注意」と聞いているだけにちょいと不安です。

まぁ、せっかく水着に着替えたのですから、とりあえず温泉へ行ってみることにしました。
まずは、ちょいと広めの浴槽?
画像

画像

入ってみると、ずいぶん深くて水も冷たい><
これって、プールでしょ?
みなさん、泳いでいるもん^^;
こちら側の方が浅いようです。
画像


こちらのみなさん、のんびりと浸かっていらっしゃるので、こちらが浴槽のようです。
入ってみると少し温めでした。
画像

他の部屋の浴槽は36℃とあります。
これでもまだ温い。
画像

ここは40℃。
これならまだ温泉らしい♪
画像

画像


しかし、ロッカーの中のパスポートや貴重品のことが気になって仕方がありません。
明日は帰国日。
パスポート盗まれちゃ、帰れないなぁ・・・
パスポートや貴重品、ホテルのフロントへ預けて来れば良かったなぁ・・・なんて後悔と不安^^;
温泉でのんびりと過ごす予定でしたが、早々に上がってキャビンへ戻ってしまいました。
鍵を持っている先ほどのあんちゃんを見つけて「Open the locker prease.」ってお願いしてロッカーの鍵を開けてもらいました。
中を確認すると、パスポートをはじめ全て無事でした。
あんちゃん、疑ってゴメンm^^m

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

kunityan
2018年09月11日 07:31
温泉といううかプールスタイルの
ようですね。

ロッカーキーが自己管理で無く、
係員任せでは不安で、猶更温泉
気分に浸れませんね。

それにしても日本の様な心身共に
脱力するような気分は、無理だっ
たのかな?
2018年09月11日 08:45
日本の温泉と全然違いますね!
建物もすごく立派ですね

ロッカーキーが自分で管理できない
のは 心配ですよ!
私だったら 温泉入るのやめちゃう
かもしれません!
OZMA
2018年09月12日 13:32
kunityanさん、
ロッカーの中に置いてきた貴重品のことが気になって、のんびりと温泉につかっているような気分にはなれませんでした。
やっぱり温泉は日本が一番ですね^^
OZMA
2018年09月12日 13:37
おとめさん、
私もこのシステムを知った時、温泉に入るのを諦めようかとも思いました。
帰国してから調べてみたところ、ICチップが埋め込まれた腕時計のような物をかざすとロックがかかるロッカーもあったようです。
やっぱり英語力がないのは厳しいですねぇ^^;
2018年09月14日 22:45
温泉こんな感じやったんですね
私がドイツであきらめた温泉は画像見ると温水プールにしか見えませんでした
ここは温泉ぽいですね

いつか私も海外で温泉体験したいです
まぁ、日本の温泉が一番良いと思いますけどね(笑)
OZMA
2018年09月15日 13:18
とまるさん、こんにちは。
海外で温泉に入るときは、くれぐれも貴重品はホテルのフロントに預けて行かれますように^^;

この記事へのトラックバック