麗しの中欧17~ミラベル庭園①~

画像

「イムラウアーホテルピター」での宿泊は一泊だけなので、手荷物以外の荷物はツアーバスに積み込んみ、徒歩で市内観光に出かけました。
まずは、アメリカ映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台となった「ミラベル庭園」へ。

やってきました「ミラベル宮殿」。
画像

画像

画像

ミラベル宮殿は、17世紀初めに大司教ヴォルフ・デートリッヒ・フォン・ライテナウが愛人サロメ・アルトのために建てた宮殿で、創建当初は、愛人アルトの名に因んで「アルテナウ宮殿」と名付けられていました。
1611年に大司教デートリッヒが失脚すると、後任の大司教によって「ミラベル宮殿」と改名されました。
ミラベル宮殿は、1818年に大火災に遭い、大部分を消失してしまい、現在の建物は、その後再建されたものだそうです。
現在、ミラベル宮殿は役所として使われており、一般人は入る事が出来ませんでした。

そして「ミラベル庭園」へ。
ここでの見どころは、やはり「サウンド・オブ・ミュージック」の撮影場所でしょう。
ツアーガイドさんから大体の場所を聞いて、自由行動となりました。
事前に「サウンド・オブ・ミュージック」を見てきたので、もうバッチリです♪~
まずは、「ペガサスの噴水」。
画像

画像

<映画のシーン>
映画では宮殿のベランダから撮影したそうですね。
画像


そして、「ドレミの階段」へ。
画像

マリアと子供達はこの「ドレミの歌」を歌いながらこの階段を上って来るのですよね。
画像

<映画のシーン>
画像

階段の上から撮ってみましたが、もう少し下がって門扉も入れるべきでしたね^^;
画像

ちょうど間正面に「ホーエンザルツブルク城」がバッチリ見えます。
画像


ミラベル宮殿の向かいにある橋を渡ると「妖精の庭園」です。
画像

たくさんの妖精の像が並んでいますが、このうちの一つの像の前で撮影が行われています。
画像

「眼鏡をかけた妖精」と聞いていたのですが・・・・この像かな?
画像

<映画のシーン>
正解!!
画像


再びミラベル宮殿前へ戻ってきました。
画像

そして「バラのトンネル」へ。
画像

バラは咲いていませんでしたが・・・・
画像

<映画のシーン>
画像

・・・・・・もうちと手は上向きじゃないでしょかね・・・・
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年08月06日 12:43
映画の舞台ですね!
ちゃんと予習されていらしたので
更に楽しんで見学なさってますね!
2018年08月09日 12:37
うふふ。。。映画を観て行って良かったですね♪
バッチリです 

ミラベル庭園見たときに私たちは建物の中に入ったんですけど。。。宮殿じゃなかったのかなぁ~
天使の階段で撮った写真があります
もう18年ほど前のことなので記憶は所々抜けてます(笑)
まだデジカメじゃなくて5人のカメラで撮った写真で旅行アルバムを作りましたよ
悔しいけど今みたいにバシバシ撮れなかったんですよね
OZMA
2018年08月10日 19:29
おとめさん、
滅多にいけない所へせっかく行くのですから、思い切り楽しもうとしっかり予習して旅行に臨みました。
しかし、あれもこれもと欲張りすぎてオーバーワークになってしまい、思ったほどあちこちへ行くことが出来ませんでした><
OZMA
2018年08月10日 19:33
とまるさん、こんばんは。
現在ミラベル宮殿は、一部見学可能な部屋があるようです。
フイルムカメラは、フイルムに限りがあるので気を使いながら撮らなくてはならないですよね。
昔の旅行では、私も経験があります^^

この記事へのトラックバック