RX-78-2 GUNDAM ①

画像

結婚式のお祝い返しのギフトカタログでGUNDUM(ガンダム)のプラモデルを見つけたので、選んでみることにしました。
昭和29年生まれの私は「鉄腕アトム」や「鉄人28号」世代なので、「ガンダム」はあまり馴染みがありません。
しかし、プラモデルショップではガンダムのプラモデル(ガンプラ)が大人気なようで、一つぐらいは造ってみても良いかなと思いました。
まぁ、お祝い返しなので、所詮はタダですw

ガンダム(GUNDAM)は、1979年放送のテレビアニメ『機動戦士ガンダム』に登場するに登場する有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)。
通常、単に「ガンダム」と呼ばれる機体は、アムロ・レイの乗る白・赤・青のトリコロールの機体(型式番号:RX-78-2)
指しますが、『ガンダム』本放送終了後に展開された企画や外伝作品などで、配色や一部仕様が異なる同型機が複数開発されました。
画像



★RX-78-2 GUNDAM(1/144 BANDAI)
画像



ギフトカタログで注文して数日後、商品が届いたので中身を確認してみました。
画像

パーツが結構たくさんあり、なかなか作りごたえがありそうです。
画像

デカールはシールになっていて、細かいです。
これなら、貼り付けの失敗は少なそうです。
画像

驚いたことに、一つのランナーから数色の部品が切り出せるようになっています。
画像

一番驚いたのはこれ。
ランナーから切り離した一つの部品なのですが、かなり精巧です。
画像

それだけではなく、切り出しただけで何と稼働するのです!!
画像

ガンプラを作り慣れている人にとっては、驚くに値しないかもしれませんが、ガンプラに初めて挑戦した私にとってはこの後も驚きの連続でした。

では制作開始。
足下から順番に組み上げていきます。
画像

先ほどの可動部分のあるパーツは脚の軸部分でした。
画像

画像

腰部分を組み上げ、両脚を装着。
画像

ここでちょいとポージングw
全ての関節が滑らかに曲がります。
これならどんなポーズもとれそうです^^
画像


さらに胴体部分を装着。
画像

両腕を肩の部分に装着。
画像


あと頭部を装着すれば、大まかには完成に近づくのですが、各部分にはかなりたくさんのパーツを組み上げているのです。
頭部を組み上げるパーツだけでも13個ありました。
画像

これらのパーツを組み上げるとこうなりますw
画像

出来上がった頭部を胴体に装着して本体がほぼ完成♪
画像


その他装備品などを組み上げました。
画像

ここまで、接着剤は全く使っていません。
一つ一つのパーツはすべてレゴブロックのようにパチンパチンと合わせて組み上げていくだけです。
従来のキットはパーツ同士にずれがあって、それをヤスリで削ったり、隙間をパテで埋めたりするのですが、このキットは全くずれが無く、全てのパーツは完璧にピッタリと合うのには本当に驚きました。
最近のプラモはここまで進化しているのですねぇ。
これがガンプラの人気の秘訣なのかもしれません。

シールを貼って完成♪~
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

kunityan
2018年07月08日 15:55
私の世代はプラモデルの製作など
思いも及ばぬ時代でした。

自分の息子時代に、ボーナスで
買い与える位の関心事でした。

勿論孫にもせがまれる立場でも
あった訳です。

自分で物作りすることは、
自分の制作意欲を刺激し、生活
空間に酔いしれるひと時が、余人
には計り知れないものがあるので
しょうね。
2018年07月08日 17:12
初めてのガンプラ製作、完成おめでとうございます。
最初からRGシリーズからとは、すごくハードルを上げましたね。大変だったでしょう!
細かい作業の連続でアンチエイジングになりますよね。私の場合、細かいので老眼鏡+拡大鏡が必要です。年は取りたくないですねぇ~(涙)
2018年07月08日 22:45
昭和44年生まれの僕は、バリバリのファースト・ガンダム世代ですが、ガンプラは子供のころに一個作ったのを除けば、作ったことがありません。
そのころはこんなに精巧なプラモデルじゃありませんでした。
僕はガンダムというより、敵のジオン公国のモビルスーツが好きでした。
敵キャラのザクやドム、ギャンといったMSの造形のカッコよさに、心おどらせた記憶があります。
今度ガンプラも作ってみようかと思っています。
OZMA
2018年07月09日 19:58
kunityanさん、
プラモデル作りは子どもの頃の楽しみの一つでした。
今ではボケ防止にも役立ちそうなので、老眼に戸惑いながらも制作を続けていますw
OZMA
2018年07月09日 20:02
フリーダムさん、ありがとうございます。
ガンプラには色々なシリーズがあるのですか?
私にはちょいと難しいシリーズに知らずに手を出してしまったようですね^^;
確かに細かい作業の連続で、ずいぶん完成までに時間がかかってしまいました^^;
OZMA
2018年07月09日 20:11
家ニスタさん、
やはりガンプラはずいぶん進化していたのですね。
今私が作っているプラモデルは、昔とあまり変わっていないような気がします。
また、現在生産されていないような古いモデルには哀愁みたいなものを感じてしましますw
しかし、デカールなんかはシールの方が貼りやすいと思いました。

この記事へのトラックバック