戦艦 三笠 ①

子どもの頃、プラモデルを作るのが楽しみで、小遣いをこつこつと貯めては、第2次世界大戦中活躍した飛行機や軍艦などを作っていました。
あの頃は、戦艦大和を作るのが最大の憧れでしたね。
1/350スケールの戦艦大和は作るのはまだまだ力不足ですので、戦艦三笠を作ってみることにしました。

戦艦三笠は、明治35年(1902年)3月1日英国ヴィッカース・ソンズ・アンド・マキシム社で竣工。武装は、30.5センチ主砲4門、15.2センチ副砲14門、7.6センチ補助砲16門、4.7センチ速射砲12門、水中に45.7センチ魚雷発射管を4基持ち、最大速度18ノット、艦体にクルップ鋼による装甲を施し竣工当時、世界最強の戦艦でした。明治36年12月、連合艦隊旗艦となり東郷平八郎司令長官のもと日露戦争を戦いました。
(ハセガワ「戦艦三笠」組み立て説明書より)
画像

呉に入港した三笠(1905年2月)。
(Wikipediaより)

★日本海軍戦艦「三笠」(ハセガワ 1/350)
画像


まずは船体を組み立て、甲板を取り付けます。
画像

甲板の上に構造物や兵装を取り付けていきます。
画像

画像

画像

画像


細かい部品の取り付けもほぼ終わりました。
画像

画像

画像

画像


ここまでの製作期間はほぼ1ヶ月。
あとはマストを中心に空中線を張ればほぼ完成となります。
飛行機に張る空中線は、海釣り用の細いテグスを使っているのですが、艦船に張る空中線は、渓流釣り用のスチール製のテグスが適しているそうです。
なので、近くの釣り道具屋へ出向いてみることにしました。
ところが、我が町明石は山が無いために、どこの釣具屋も全て海釣り用で、渓流釣り用のテグスは全くとり揃えていませんでした。
仕方なく、空中線用のテグスが手に入るまで製作を休止することにしました。

続きは次稿で~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 36

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

フリーダム
2018年05月26日 14:24
製作、お疲れ様です!
えっ、テグスには海釣り用、渓流釣り用ってあるんですね。知りませんでした。
 戦艦三笠と言えば、東郷平八郎司令官、秋山真之参謀で日本海海戦において当時世界最強と言われたロシアのバルチック艦隊をT字戦法で撃破した時の日本艦隊の旗艦ですよね。この時「興国の興廃この一戦にあり 各員一層奮励努力せよ」を意味するZ
旗を挙げたんですよね。ちなみに2回目が真珠湾攻撃時、3回目がマリアナ沖海戦だと思いました。
 空中線を張り、頑張ってください。
OZMA
2018年05月27日 08:37
フリーダムさん、おはようございます。
海釣り用のスチールテグスも使えるかなと思い購入してみましたが、渓流釣り用に比べてずいぶん太いようです。
本日5月27日は日本海海戦の日なので、この日に合わせて記事をUPしてみましたw

この記事へのトラックバック