オリエント急行殺人事件(2017)

画像

12月10日(日)
「オリエント急行殺人事件」を観るために、実に30数年ぶりに映画館へ行ってきました。
少々古い作品でも、100円でレンタルビデオを借りてきて家で観る方がずいぶん安上がりだと思っているので、今まで映画館へわざわざ映画を観に行くことは全くありませんでした。
それに、わざわざ高いお金を払って観ても面白いかどうか分かりませんしね。

「オリエント急行殺人事件」は、小説も読みましたし、1974年版の前作もレンタルビデオで観たので、きっとハズレはないだろうということで、久しぶりに映画館へ出向いてみることにしました。

久しぶりに映画館へ来てみてビックリ!
昔の映画館は外で入場券を買って中へ入るのですが、最近(かみさんによるとずいぶん前からのようですが・・・)の映画館はまるでテーマパークのようです。
画像

飲み物や軽食を買えるお店もおしゃれです。
画像

それに入場券も自動販売機で買え、これで自分の好きな席を指定出来るのですね。
画像

ちょいと嬉しくなったので、シネマショップでパンフレットを購入しましした。
画像

画像


いよいよ入場します。
中では、6作品も同時に公開されているようです。
画像

映画ファンの方にとっては当たり前のことでしょうが、30数年ぶりに映画館へやって来たおっさんにとっては驚きの連続でした^^;

さて、映画の内容ですが、<あらすじ>なんぞは過去記事で書いているので省きます。
「オリエント急行殺人事件」
2017年 アメリカ
監督・主演:ケネス・ブラナー

この作品の主人公である名探偵ポアロは、監督であるケネス・ブラナーが演じています。
前作のポアロは、ちょいと太っていてコミカルなイメージで描かれていますが、今回の作品のポアロはずっとかっこ良く描かれています。
<前作のポアロ>
画像

<本作のポアロ>
画像

画像

そして、本作のポアロは白髪で髭も大きい!
ちなみに、作品の中でポアロの髭は威厳を出すために「付けひげ」なんだとかw

また、医師のアーバスノットは黒人の俳優となっています。
これも、作品を効果的に仕上げるために、何らかな意図があったようです。
画像


殺人は列車内という完全な密室で行われ、ほとんどの場面は列車内で展開されるのですが、色々な角度から列車内の様子が描かれ、観客にとっては飽きさせない配慮がなされていたと思いました。
CGもふんだんに駆逐されていたのでしょうかね?

前作の1974年版と同じ原作なのに、ずいぶん雰囲気の違う昨分に仕上がっているのには驚きました。
小説や前作と比べながら本作を観るのも楽しかったです。

館内では当然のことながら撮影禁止なので、添付した映画の画像はパンフレットからスキャンしたものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

kunityan
2017年12月30日 06:41
この作品名は記憶にはありますが、
内容は全く知りません。

それほど著名な作品ということで
しょう。

出不精になってきた私は、ビデオ
レンタルで名作を見たい願望は
ありますね。

かなりずれた話になりすが、私が
一番最初に映画を見た記憶で残っ
ているのは、鈴木すみ子演ずる
怪猫物語でした。

場末の映画館で、入場料が8銭
と記憶しています。

恐ろしくて、手の隙間から見て
いました。

その後ターザンの映画は、
かなり見たように思います。
OZMA
2018年01月02日 16:28
kunityanさん、やっぱり映画館の大画面で観る映画は迫力がありますね。
でも、お値段がちょいと高くつくので、やっぱり今年もレンタルDVDで観ることになるでしょうねw

この記事へのトラックバック