尾張の国へひとり旅16~トヨタ博物館①~

「茶臼山高原道路」を往復し、名古屋へ向かいました。
3日間の旅行の最後の目的地は犬山城なのですが、思った以上に効率よく廻ることができたので、名古屋の手前の長久手市にある「トヨタ博物館」へ行ってみることにしました。

「トヨタ博物館」は、1989年(平成元)トヨタ自動車創立50周年記念事業の一環として建設された自動車に関する博物館です。
画像

画像

館内には、ガソリン自動車誕生から現代までの自動車技術・文化の発展の歴史を、世界の代表的な車約140台が展示紹介されています。

エントランスを抜けると、1階のシンボルゾーンには、ピンクのオープンカーがデーンと鎮座していました。
これは1938年に製造された「トヨタAB型フェートン」で、軍隊の指揮官用として使われたクルマだそうです。
もともとはもっと落ち着いた色で、展示用として塗り直されたのでしょうね。
画像


エスカレーターで2階へ上がります。
画像

2階のフロアーでは、「自動車の黎明期から日本車の誕生(1950年代まで)」を紹介しています。
画像


「ベンツ パテント モトールヴァーゲン "レプリカ"」 (1886年・ドイツ)
ガソリン自動車の第1号は、各国でさまざまな説があるそうですが、ベンツが1886年につくったこの3輪車といわれています。
画像


「ベンツ ヴェロ」(1894年・ドイツ)
3輪から4輪になりましたね~
画像


「パナール ルヴァッソール B2」 (1901年・フランス)
エンジンが最先端に置かれるようになり、後輪を駆動させるFR方式を採った最初の自動車。
画像


「スタンレー スチーマー モデルE2」 (1909年・アメリカ)
このクルマ、ガソリン車ではなく、蒸気自動車だそうです。
それでも、時速127.66マイル(205km)を出して当時の世界記録を樹立したのには驚きです。
画像


「ロールスロイス 40/50HP シルバーゴースト」 (1910年・イギリス)
幽霊のように静かでスムーズな走行性と塗色から"シルバーゴースト"と呼ばれるようになったそうです。
光の加減か、シルバーというよりゴールドに見えますがね・・・
画像


「ドゥローニー ベルビユ タイプHB6L」(1911年・フランス)
特徴的な丸型のラジエーターですが、これは当時の流行だったそうです。
画像


「ベンツ 14/30HP」(1912年・ドイツ)
こちらは八角形のラジエターグリル。
ヘッドライトは電気式になりました。
画像


う~ん・・・楽しいクルマがたくさんあり過ぎ・・・
このへんで、ちょいとすっ飛ばします>>>>>
画像


「モーガン エアロ」(1922年・イギリス)
バイクのエンジンを積んだ3輪スポーツカー。
画像


「シトロエン 5CV タイプC3」(1925年・フランス)
これも目を引いた一台。
個性的な後部形状から、日本では「セミ」と呼ばれたそうです。
前から見ても「セミ」に見えますよねw
画像


「ブガッティ タイプ 35B」 (1926年・フランス)
量産レーシングスポーツカーとして大成功を収め、世界中を驚嘆させた傑作車。
画像


「デューセンバーグ モデルJ」 (1929年・アメリカ)
ゴージャスなクルマですね♪~
思わず色々な角度から撮ってしまいましたよ~
画像

画像

画像


1920年代までのクルマを紹介してきました。
この稿では、せめて2階の展示車(~1950年代)だけでも紹介しようと思っていたのですが、長くなりそうなので、1930年代~は次稿で掲載させていただきます。

~次稿へ続く~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

kunityan
2017年12月10日 09:55
車好きの方には、車の
歴史を紐解く機会に
触れることは嬉しい
ことでしょうね。

81歳で免許を返納
して、やがて10年
近くなる私には、車
への関心が段々薄れ
ています。

精々やがて世話して
もらう息子に車の
更改に当たって補助
してやる程度の関心
しか無くなりました。
2017年12月11日 10:41
車が好きなOZMAさんにはピッタリの博物館ですね
昔の色んな車があって楽しいですね♪
2017年12月11日 12:31
クルマ好きの方には たまらない
博物館でしょうねぇ♪

クラッシクカーが いろいろあって
きれいですね♪
OZMA
2017年12月13日 17:20
kunityanさん、
私は18歳になった翌日にクルマの免許を取得しました。
子どもの頃から足が不自由だったものですから、クルマは私の足代わりのようなものです。
いつまで乗ることができるか分かりませんが、出来るだけ長くつき合っていきたいものだと思っています。
OZMA
2017年12月13日 17:23
とまるさん、
石川県で入った航空博物館も楽しかったですが、こちらの博物館も十分に楽しむことが出来ましたよ^^
OZMA
2017年12月13日 17:26
おとめさん、
冒頭にも書いたように、この博物館、時間があれば行ってみようと思っていた程度でした。
しかし、時間のたつのも忘れるほど楽しむことが出来ました。
大正解でした。

この記事へのトラックバック