源平ゆかりの地をハイキング②

カーレーターを下りてここから徒歩で山を下ります。
下りで木陰が多そうなので、快適にハイキングできそうです。
画像


少し歩くと、標高253mの旗振山山頂に到着しました。
画像


南側は展望が開け、ここからは東に神戸の街並み、西に淡路島と明石海峡大橋のパノラマが望めます。
画像

画像

画像


北側は電波塔のような建物がいくつか目立ちます。
画像

画像


茶店があったので、入ってみました。
画像

開店しているようですが、お店の人は誰もいません・・・・
うむ・・・ここで水分補給用の飲み物を調達しょうと思っていたのですが・・・
平日でお客が少ないから、お店の人も用事に出ているのでしょうか?
飲料水がないのはちょいと不安ですが、どこかで調達できることを期待して出発します。
画像

下りで木陰も多いので、まあ何とかなるでしょうw
画像


途中、木々の間から住宅街がちらりと見えました。
画像


どんどん下っていきます。
木々のトンネルが気持ちいい^^
画像


さて、まっすぐ行くと高倉山を経て須磨寺、右へ行くと一ノ谷。
当初は須磨寺まで歩くつもりでしたが、山越えをするにはやはり水分補給が気になったので、郷里が短い一ノ谷を下ることにします。
画像


ちょいと道が狭くなってきました。
画像

うむむむ・・・・さらに狭く・・・・ちょいと不安になってきました><
高倉山へ向かった方が良かったかな・・
画像


ようやく展望の開けた所へ出たので、ここで休憩。
水が飲みたいなぁ・・・
画像


さらに下ると斜面に花が咲いていました。
旗振山山頂から歩いてきて、初めて花を見つけました。
疲れが少し癒されます^^
画像

画像

画像


あれ?よく見るとこれは千葉の九十九里浜や犬吠岬で見かけた「ヒメオウギスイセン」ではないですか。
こんなとこでも咲いているのですね。
画像

画像


斜面なので、神戸の市街地も良く見渡せます。
画像


下ってきた斜面を見上げます。
画像


須磨は、源平合戦(治承・寿永の乱)における一の谷合戦の古戦場として有名な地です。
また、一の谷合戦といえば、源義経による奇襲作戦「坂落し(逆落し)」が有名ですが、この須磨の一ノ谷を下ったのかは不明だそうです。
しかし、北には山が、南には海が、西には山と海がせまるここの地形から、予想だにできない義経の奇襲攻撃「坂落し」により、それまで奮闘していた平家方が一気に崩れてしまったのも納得できるような気がします。

それにしても、この急な斜面を騎馬70騎が一斉に下りるとはすごいですね。
画像

画像


水分補給無しで、ようやく山を下りてきました。
下りばかりだと少々ナメていたのですが、膝はガクガクで、このあと数日筋肉痛がとれませんでした><

麓の須磨浦公園内で見つけた「源平合戦800年記念碑」。
画像

画像


駅の近くには、平敦盛の供養搭として知られる「敦盛塚」があるそうですが、もはや探す元気は残っていませんでした^^;

駅前のちょいとオシャレなカフェでようやく一息ついて帰路につきました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 34

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

kunityan
2016年08月06日 09:18
少し小高い山のウオーキング
といったところですか。

山道の感じがよく出ています。

札幌にも藻岩山という小高い
山があり、登山ウオーキング
愛好家が多いようです。

源平ゆかりの地を、歴史をあ
らためながらウオーキング
も乙な感じがします。
2016年08月06日 13:57
下り坂って楽そうで結構足にくるんですよね(笑)
お疲れさまでした
私は冬でもお出掛けの時は絶対にペットボトルにお茶を入れて持ってます
水分補給は大事ですよ

カフェで冷たい飲み物とタルトが美味しそうですね♡
2016年08月06日 22:46
標高はロープウエイがあるくらいだし 400メー取り以上でしたよね。
山も200メートル以上あるんですよね。
海などの眺望が綺麗だし、良いところですね。
横浜には、低い丘程度はいくつもあります。
けい婆(baba)宅の近くの野毛山は 標高60メートルくらいです。
なので、毎日の犬の散歩で踏破できます(笑)
散歩の時は水分を必ず持参しましょう!
OZMA
2016年08月07日 06:44
kunityanさん、おはようございます。
暑い中、普段のコースでの散歩は億劫になりがちです。
たまにはこのように場所を変えてハイキングするのも良いかもしれませんw
OZMA
2016年08月07日 06:50
とまるさん、おはようございます。
下り坂というこで、ちょいとナメてました^^;
この時期、あまり無理をしていると、肝心の旅行の時に支障をきたすかもしれませんね。
もう歳ですので、ぼちぼちと体力づくりをしていかなければならないと感じました。
OZMA
2016年08月07日 06:55
けい婆さん、おはようございます。
神戸も横浜も港町なので、地形が似ているのかもしれませんね。
犬がいると、毎日必然的に散歩をしなければならないので、手軽に体力作りができそうです。
最近熱射病で病院へ搬送されることが多いのだとか・・・私も気をつけます。
2016年08月07日 23:03
こんばんは♪
緑のトンネルが気持ちよさそう!
って 思いましたが 水分補給
無しですか!!!!
ご無事でよかったです

熱中症は のどが渇いたとか
思った時は 遅いそうですから
くれぐれもお気をつけください
OZAMA
2016年08月08日 07:49
おとめさん、ご心配をおかけしました。
旗振山の茶店で昼食と水分調達を考えていたのですが、ちょいと甘かったですね。
途中で水分補給をしておれば、山を下りてきたときに「敦盛塚」へも行く元気が残っていたのでしょうね^^;
水分は事前に容易しておくべきでした。

この記事へのトラックバック