私は正義のヒーローになりたかった⑪=少年ジェット=

私が子どもの頃、なりたかったもの・・・月光仮面、ナショナルキッド、七色仮面、まぼろし探偵、少年ジェット・・・
当時のテレビは、白黒で14インチの小さな画面でしたが、画面の中でたくさんの正義のヒーローが活躍しており、大人になってなりたいものは「正義のヒーロー」でした。

少年ジェットは、1959年3月4日から1960年9月28日までフジテレビ系にて放映された特撮テレビ番組。
黄色いマフラー姿でオートバイにのり、シェパードの愛犬シェーンとともに怪盗ブラック・デビルをはじめとする悪人たちに立ち向かうのでした。
原作は、「赤胴鈴之助」の武内つなよし。
武内氏の漫画は、雑誌「ぼくら」に連載されていました。


少年ジェット 第1巻
ぐるぐる王国 楽天市場店
武内つなよし/著本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認ください出版社名小学館クリ


楽天市場 by 少年ジェット 第1巻 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


画像


「ウー、ヤー、ター!」と大声を出して地面に震動を起こし、敵を失神させるジェットの必殺技は、子どもたちに大流行でした。
ある夜、私は何を思ったのか、この必殺技を突然大声でやってしまいました。
その時、「こんな夜中に、うるさい!」親父にとどえらく怒られてしまい、この事は苦い思い出として今でも忘れません。
ずっと後で知ったのですが、この必殺技、「ミラクル ボイス」と言うそうです。
画像


ジェットの乗っているバイクは、車体の前と後ろに翼みたいなものが付いており、当時としてはずいぶんかっこいいものでした。
しかし、子どもなのに、バイクを運転しても良いのでしょうかね?
それから、ジェットの愛犬シェーン。
ずいぶん賢い犬でした。
我が家の駄犬とえらい違いでしたねw



シェーンが一生懸命バイクの後を追っかけて走る姿がいじらしいです^^

<少年ジェットの主題歌>
勇気だ 力だ 誰にも負けない この意気だ
白いマフラーは 正義のしるし
その名は ジェット 少年ジェット
進め ジェット 少年ジェット J・E・T

行こうぜ シェーンよ とりこになっても負けないぞ
正しく強い この快男子
その名は ジェット 少年ジェット
行こう ジェット 少年ジェット J・E・T

漫画では「黄色いマフラー」なのに、テレビの歌詞では「白いマフラー」になっていますね。
テレビが白黒だとはいえ、「黄色いマフラー」にしていて欲しかったな~

久しぶりに、必殺技「ミラクル ボイス」をやってみます。
うぅ~~  やぁ~~~  たぁぁ~~~~~~!」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 51

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

kunityann
2016年05月16日 07:49
時代の差があるのでしょう。
どちらかといううと、自分の
息子の時代と同じ傾向でしょ
うか。

テレビの中のヒーローに夢中に
なっていました。

ヒーローに因んで、玩具も売って
いましたので買わされました。

息子たちにテレビを独占され
ていました。

私の時代は、紙芝居の黄金
バットでしたね。

また映画でのターザンなども
人気でした。
OZMA
2016年05月17日 08:50
kunityanさん、おはようございます。
私たちの子どもの頃は、テレビが普及し始めた頃で、こういった「ヒーロー」ものが溢れていましたね。
ワイズミラー主演の「ターザン」は、父親もよく話していました。

この記事へのトラックバック