ラスト サムライ

画像

先日、書写山円教寺へ行って、ここがハリウッド映画「ラスト サムライ」のロケ地だったことを初めて知りました。
最初に公開されたのが2003年ですので、もう13年も前になるのですね。
私ももう何度も観ていて、一番最近では1年ほど前でしょうか。
記事にするのは「今さら」という気がしますね。
しかし、我が家の近くでこのような大作が制作されたことは驚きでもあり、また、誇らしげでもあります。

私が観た映画21作品目
「ラスト サムライ」
2003年 アメリカ
出演:トム・クルーズ、渡辺 謙、真田広之 他


ラスト サムライ【Blu-ray】 [ トム・クルーズ ]
楽天ブックス
トム・クルーズ 渡辺謙 真田広之 エドワード・ズウィック ★Bluーray2枚購入で3,000円(税


楽天市場 by ラスト サムライ【Blu-ray】 [ トム・クルーズ ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



御存じ、トム・クルーズが武士道精神をテーマに、自ら製作と主演を兼ねた米国産の日本時代劇。
政府軍に西洋式の戦術を教えるため来日した米国将校が、時代に抗い自らの名誉に生きるサムライに感銘を受け、やがて彼らと運命を共にしていく姿を壮大なスケールで描く・・・
たくさんの皆さんがこの映画を観らていると思いますので、ヘタな解説はしない方がいいでしょうね。

映画の内容はさておき、円教寺のシーンをピックアップしてみました。

最初に円教寺が映るシーン。
左が大講堂、中が食堂ですね。
手前の後ろ姿がトム・クルーズ。
画像


こちらが先日私が撮った写真。
画像

おぉ! 
映画とほぼ同じアングルでした。
私のカメラセンスもなかなかのものじゃないでしょかw

大講堂から常行堂を撮ったシーン。
画像

私が撮った常行堂。
うむ・・・逆光でしたね。
画像


ここは、多分食堂の一階。
画像

画像

一階内部は撮っていませんでした><
ここの一階部分でも撮影されたのですね。
画像


トム・クルーズや渡辺謙がこのあたりを歩いていたと思うと、なんだか嬉しくなりますね。

さて、「ラスト サムライ」を観て・・・・・
最近、外国人の方がたくさん日本へ日本の文化を触れに来られています。
主人公のトム・クルーズ演ずるオールグレン大尉が感銘を受けた日本人の優しさや礼儀正しさ、そして誇りを持って生きるサムライの良さを 我々日本人はもう一度見直さないといけないなと思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 48

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

kunityan
2016年02月16日 10:08
ラストサムライは、見たわけ
ではありませんが、話題は知
っていました。

このように映画のシーンを
重ね合わせて見ると、ぞっくと
くる親密感がありますね。

それこそ昨日触れた通り、大河
ドラマの観光地を訪ねると、映画
のシーンが現実味を帯びてきます。
2016年02月16日 12:29
こんにちは♪
お近くで撮影してたんですねぇ
もし 知っていて 近くだったら
私 観れないのがわかってても
通い詰めていそうです (笑)

まだ13年前ですか
その間 トム様は 奥さんが
2人変わったんですよねぇ… ((+_+))
フリーダム
2016年02月17日 00:10
こんばんは、『最後の武士』(公開当時、仲間内でふざけてこう呼んでいました(笑))懐かしいです。もちろんDVDも持っています。
この作品は名作ですよね。渡辺謙さんの英語力は素晴らしい。今ではハリウッドスターですね。
この作品のラストはちょっとおかしい様な気がします。ネタバレしますが、ガトリング銃で全滅されてしまいますが、なぜかトムクルーズのオールグレン大尉だけが生き残るのも不思議な感じでした。まっ、主人公が死んだら話にならないだろうけど。あと、真田広之演じる武士がバカにされ、相手の首を切り落とすシーンは作り物とはいえグロイですよね。
江戸時代から明治へ、幕府を倒し大政奉還後侍や殿様にとっては180度変わった時代になったのですから、当時の侍はどう感じていたのでしょうね?
2016年02月17日 00:11
トム・クルーズが近くにいただけでも、ドキドキものですね~。
映画は劇場で1度、テレビでも何度か見ましたが、撮影場所は東北だと、何故か思い込んでいました(⌒-⌒; )
映画のシーンとOZMAさんの写真を比較して見られて、超興味深く拝見しました。
OZMAさん、映画のシーンを良く記憶されていたんですね~、
大講堂の写真なんか全く同じアングルで、感心しました。
2016年02月17日 01:49
ラストサムライは私もずいぶん前に見てますが。。。ロケ地なんて気にしてなかったので、へぇ~って記事を読みました
うふふ。。。アングルはナイスですね(笑)

広島と岡山に行ってきましたが大勢の外国人の方達が来られてましたね
記事は写真の整理が出来たら普段の出来事と平行しながらボチボチとアップしますね
OZMA
2016年02月17日 08:39
kunityanさん、おはようございます。
「ラストサムライ」まだご覧になっていませんか。
アメリカ人の作った時代劇、アメリカ人の目からみた日本の文化や人間を描いているのを観るのもおもしろかったですよ^^
OZMA
2016年02月17日 08:42
おとめさん、おはようございます。
ワタシのこの記事をかみさんが見て、「トムさん、姫路に来たの知らんかったん?あんなに大騒ぎしたのに・・・」とバカにされました><
当時は、姫路の町は大騒ぎだったんですねw
OZMA
2016年02月17日 08:45
フリーダムさん、おはようございます。
渡辺謙さん、演技だけでなく、英語力もすごいですね。
英語が出来ると何かと得になりそうです。
ワタシも英会話しっかり勉強せねば^^
OZMA
2016年02月17日 08:50
けい婆さん、おはようございます。
ワタシなんぞは、セットで作った物だとばかり思っていました。
さすが、ハリウッドお金をかけているんだなとw
かみさんによると、当時、姫路の街は大騒ぎだったそうですね。
OZMA
2016年02月17日 08:54
とまるさん、おはようございます。
センスがないので、なかなか良い写真がてっれません。
なので、旅行のブログの写真はかみさんが撮った物ばかりです。
しかし、今回はワタシ一人で行ったので、ワタシが撮った物なのですよ♪~
2016年02月20日 22:50
この映画のDVDを持ってますが、
日本でロケしてた事、私も知りませんでした。
今度じっくり、確認してみます!
それにしても、お近くに立派なお寺が有るのですね!
OZMA
2016年02月21日 07:46
こんぺいとさん、おはようございます。
最初、円教寺はロケ地の予定になかったそうですが、姫路城を視察に来たスタッフが時間が余ったためこの円教寺を訪れ、エドワード・ズウィック監督が一目ぼれしてここでの撮影を決めたそうです。
もともとは、どこで撮影する予定だったのでしょうね?

この記事へのトラックバック