戦争を知らない子どもたち=ジローズ=

「戦争を知らない子どもたち」は、1970年に発表された、ジローズ(第二次)のヒット曲で、ジローズは翌年の第13回日本レコード大賞新人賞を、北山修は作詞賞を受賞しました。


[CD] (オムニバス) ジローズ/戦争を知らない子供たち-北山修 作詩集(初回生産限定盤)
ぐるぐる王国DS 楽天市場店
詳しい納期他、ご注文時はお支払・送料・返品のページをご確認ください発売日2007/8/8(オムニバス


楽天市場 by [CD] (オムニバス) ジローズ/戦争を知らない子供たち-北山修 作詩集(初回生産限定盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




私はちょうどギターを始めた頃で、この歌を弾けるようになりたくて一生懸命練習しました。
私たちの世代ではバイブルのような歌で、ギターを持っている者がいると必ずと言っていいほどこの歌を歌ったものです。
なので、この歌をギターで弾けるのが一つのステータスみたいに思っていました。

一番のみですがジローズの「戦争を知らない子どもたち」です。

<歌詞>
1.戦争が終わって僕らは生まれた
  戦争を知らずに僕らは育った
  大人になって歩きはじめる
  平和の歌を口ずさみながら
  ※僕らの名前を覚えてほしい
   戦争を知らない子どもたちさ

2.若すぎるからと許されないなら
  髪の毛が長いと許されないなら
  今の私に残っているのは
  涙をこらえて歌うことだけさ
  ※(くりかえし)

3.青空が好きで花びらが好きで
  いつでも笑顔のすてきな人なら
  誰でも一緒に歩いてゆこうよ
  きれいな夕陽のかがやく小道を
  ※(くりかえし)


今では「戦争を知らない還暦じぢい」で、
「髪の毛が無いと許されないなら~♪」
なんてカラオケで歌っております。


今年の8月で終戦から70年経とうとしています。
しかし世界のいたるところでは、今も戦禍はやまず、 幸運にも平和を享受してきた私たちも忍び寄る戦争の影に不安を感じるようになってきました。
あのむごたらしい戦争への思いを風化させることなく、
私たちの孫にもひ孫にもまたその孫にも「戦争を知らない子どもたち」でいて欲しいと願っています。

世界の人々と「一緒に歩いてゆこうよ~♪」


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 81

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

kunityan
2015年02月28日 07:51
この種音楽は、素人で知識が
殆ど無い私ですが、この曲は
記憶に残っています。

メロデーを口ずさむことが出来
るほど、歌われていたように
思います。

戦争の悲惨さを嫌と言う程
経験した私は、戦争の記事
や放映を見ると、当時の事
が目に浮かんできます。
2015年02月28日 14:37
この曲を知らなかった私は、学生の時にユースホステルに泊まりあちこち旅行したのですが、必ずと言っていいほど、ミーティングなる中で歌っているので覚えたことを懐かしく思い出しました。
今、いろいろな問題等があり、OZMAさん同様、孫、ひ孫、その先もずっと「戦争を知らない子どもたち」でいてほしいと願うばかりです。
OZMA
2015年03月01日 09:32
kunityanさん、おはようございます。
kunityanさんの「東京大空襲当時」の記事を拝見しました。
当時の悲惨な惨状を目の当たりにされたことを思うと「戦争を知らない子どもたち」なんぞと浮かれている自分が恥ずかしくなりました。
本当に「戦争を二度と起こしてはならない」という強い気持ちで今後の人生を考えていきます。
OZMA
2015年03月01日 09:37
けいさん、おはようございます。
この「戦争を知らない子どもたち」は当時のほとんどの若者が知っている空前のヒット曲になりました。
しかし、↑kunityuanさんのコメントを拝見して、「戦争に対して無責任だ」という反対意見もあったことを思い出しました。

この記事へのトラックバック