母の七回忌法要に想う

2月15日(土)母の七回忌法要を行いました。
画像

千葉の弟は仕事が忙しく帰省出来ませんでしたので、父と私夫婦、妹夫婦の5人でちょいと寂しい法要になりました。
画像

画像


お寺へお参り
画像

画像


OZMA家のお墓へお参り
画像


母の七回忌法要を終え、母と自分の人生について振り返ってみました。

60年前、私は腰に「障害」を持って生まれました。
私の病気は、先天性の病気で、およそ一万人に一人の出現率だそうです。
私が生まれた時、医療は現在のように十分ではないため、両親は医者から「この子は数ヶ月の命かも知れません。もし、生き延びても一生車椅子のなるかもしれないことを覚悟してください」と告げられたそうです。
この時母は、私の将来を悲観し、私と共に死のうと思ったようです。
しかし、気丈な母はあきらめず、あちこちの病院をかけずりまわり、当時の最高の医療を私に受けさせてくれました。
そのお陰で私は命をとりとめ、生まれた病院の先生や看護師さんをびっくりさせたそうです。
しかし、私の両下肢には麻痺が残っったため、小学校入学までは入退院を繰り返し、幼いときの記憶は、病院での生活と母との通院がほとんどでした。

幼稚園から小学校を卒業するまでの間、母は私を自転車で登下校の送り迎えをしてくれました。
田舎育ちの母は、それまで自転車に乗ったことがなかったため、人気のない早朝の神社の境内で傷だらけになりながら自転車の練習をしていたそうです。
その後、母は車の免許を取得し、私が高校生になってからも車で私の登下校の送迎をしてくれました。
当時、町内で2人目の女性ドライバーだったそうです。
このことは、晩年母が病床で自慢げに私に話していたことでした。

高校1年生の時、10ヶ月間、手術とリハビリによって、私の足はずいぶん良くなり、私は自力で高校・大学と通えるようになりました。
そして現在の職にも就くことができました。
母が亡くなって、母の苦労が計り知れないものであったこと、自分がここまでやってこれたのは、母のお陰であったことにようやく気づきました。

私は36年間の職を終え、3月31日をもって現在の職を定年退職いたします。
無事定年を迎えることができたのも母の苦労があったからだと思います。

定年退職まであと34日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 90

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

kunityan
2015年02月26日 06:26
お母さんの涙ぐましい
お子さんに対する努力に
頭が下がります。

この母にしてこの子ありの
ご努力で、立派に退職まで
来られました。

7回忌法要を済まされた
そうで、感慨も一入でしょう。

私は、来月母が亡くなって
28年を迎えます。

父に至っては、41年になり
ます。

自分の年を感じてしまいます。
2015年02月26日 07:16
お母さんの切なる思い感動しました。
まもなく定年、ご苦労様でした、これからの人生
楽しく過ごされますように。
2015年02月26日 09:26
この文章を読んで、涙しました。
実に素晴らしいお母様でしたねー、頭が下がります。
OZMAさんが、このように立派になられたのは、ひとえにお母様の努力があったからこそですね。
このような立派な法要をなさって、喜んでいらっしゃるのだ事と思いますよ。
あと34日。頑張って会社勤めをなさって下さい。
2015年02月26日 11:22
世界中、何処でも「母」は偉大ですよね。
2015年02月26日 11:56
今日は
親の無償の愛ですね~
お仕事お疲れ様でした~
2015年02月27日 11:30
こんにちは。
ご母堂様の七回忌法要を行われたのですね。無償の愛は本当に有難いことと思います。

小生の両親は既にこの世に亡く、毎朝のお勤めでお経を唱えて位牌を見ています。
OZMA
2015年02月27日 20:35
Kunityanさん、こんばんは。
身に余るお言葉、恐縮いたします。
母は、私に社会で通用するようにと勉強や躾には厳しかったと思います。
しかし、当の本人は勉強嫌いで隠れて、マンガを書いたり読んだりしてサボってばかりいました。
今となっては遅いのですが、母の言いつけ通りもう少し真面目に勉強しておればと反省しております。
OZMA
2015年02月27日 20:36
Bunkoさん、こんばんは。
定年退職まで、30日余りとなりました。
天国の母もほっとしていることでしょう。
定年後は、94歳の父の介護をするかたわら、自分のやりたかった事を少しずつ始めていきたいと思っています。
OZMA
2015年02月27日 20:40
お啓さん、こんばんは。
身に余るお言葉、恐縮いたします。
母の生前は、親孝行らしいことをほとんど出来なかったので、退職を目前にして母のことを書いてみたくなりました。
柄にもなくこのような記事をUPしてしまってチョイと恥ずかしい気持ちになっています。
あと30日あまり、最後まで仕事を全うしたいと思います。
OZMA
2015年02月27日 20:41
Keitaroさん、こんばんは。
私には小学校以来の友達がたくさんおります。
年に数回家族ぐるみで飲み会をやっており、時には20人ぐらい集まることもあります。
子どもの頃、家に友達が遊びに来ると母は、一緒に遊んだり、お菓子を出してくれたりと
私の友達に優しく接してくれました。
今考えると、私がいじめられないようにとか、友達がたくさんできるようにとかで気遣いをしていたのかもしれません。
母の告別式には、幼なじみたちがたくさん駆けつけてくれました。
OZMA
2015年02月27日 20:42
すーちんさん、こんばんは。
母は「脊髄小脳変成症」という難病で数年間病床に伏せっておりましたが、その間、私はどれだけ母のためにしてやることができたのか疑問です。
94歳になる父は健在ですが、定年後は母にしてやれなかったことを少しでも父のためにしてやれたらと思っています。
OZMA
2015年02月27日 20:49
華の熟年さん、こんばんは。
「親孝行したい時に親は無し」と言いますよね。
親がいる時は、恥ずかしくて照れくさいので、なかなか優しくできませんがやっておけば良かったと後悔する前に、今の自分に出来る精一杯のことをしておきたいですね。
2015年02月28日 22:12
母は強しですね
一緒に死ぬことを考えても、諦めなかったお母様は素晴らしい方だと思います

子供のために自分の歯を全部抜いて総入れ歯にされた母親の方をテレビで見たことがありますが、母親って子供のためには何でもやってしまうものなのでしょう

私も誕生日には母に産んでくれたことへの感謝を伝えています
OZMA
2015年03月01日 09:43
とまるさん、おはようございます。
母は負けず嫌いで気の強い人でした。
私が生まれて、気丈に生きていかなければならなかったからかもしれません。
誕生日にお母様へお礼の言葉述べられたら、きっと喜ばれることでしょうね。
フリーダム
2015年03月01日 18:33
こんばんは。
立派なお母さんですね。『母親とはそういうものだ!』とよく言いますが、今の時代の母親らは自分の子供のためにできるのか疑問です。子供そっちのけでスマホをいじっている母親が多い事か!
お母さんの愛情以上のものを注いで育ったOZMAさんは幸せだなぁ~と感じました。
お母さんにしてあげられなかった分の親孝行をお父さんにしてあげてください。
 うちの母は、最近認知症の症状が出てきました。だんだんひどくなると私の事も忘れられるのかなぁ~と思うと辛いです。
OZMA
2015年03月02日 05:40
フリーダムさん、おはようございます。
おっしゃるとおり電車の中やホームでスマホをいじっている子連れの若いお母さんを目にすることが多いです。
川崎市でもあったように子どもたちの犯罪が増えてきたのもそんなことが影響しているのかもしれませんね。
お母様大事にしてあげてください。
MAD MAX
2015年03月06日 01:04
OZMAさん、こんばんは。御久し振りです。
私も母が亡くなって3年半が過ぎました。
生前はよくケンカもしましたが、無類のバイクと
車好きの私を見て、一念発起し40才で普通免許を取得、亡くなる1か月前まで30年、毎日乗っていて、その間乗り潰した車も4台。凄い母でした。
また私がバスの運転士になったのを一番喜んでくれ、「自慢出来る息子や~」とよく言ってました。
今は朝に夕に仏壇に手を合わせ成仏の道を歩んでもらえたら、と思っております。母は強し!子供は皆、想いは同じです。 合掌。
OZMA
2015年03月06日 05:49
MAD MAXさん、いつも拙ブログにご訪問ありがとうございます。
父上の介護、大変だと思いますが、お互い頑張りましょうね。
桃かっぱ
2015年03月06日 13:33
お母様の強さそして
OZMAさん自身の努力があって
現在のOZMAさんがあるのでしょうね。

30代で夫を亡くし
10歳と4歳の子供を育て
認知症になった姑を最後まで看取り
60歳手前で車の免許も取った
とってもパワフルな桃かっぱの母に
いっぱい親孝行しようと思いました。
OZMA
2015年03月07日 13:01
桃カッパさん、身に余るお言葉恐縮いたします。
桃カッパさんのお母様もご苦労をなさっていますね。
また、60歳手前で車の免許を取得されるなんて素晴らしいです。
もうすぐ母の日、私も母の遺影の前で手を合わせます。

この記事へのトラックバック

  • パットン大戦車軍団

    Excerpt: アメリカの戦車の愛称には、スチアート、リー、グラント、シャーマン、チャーフィー、エイブラムスなど将軍の名前がよく使われています。 前稿で、ご紹介したパットン戦車も第二次世界大戦中にヨーロッパ戦線で活.. Weblog: OZMAのおもちゃ箱 racked: 2016-07-23 07:17
  • チィちゃんはメダリスト

    Excerpt: 50年ぶりの小学校修学旅行を無事終えることができました。 実は、今回の修学旅行参加者の中にメダリストがいるのです。 「チィちゃん」こと前中智佐美(旧姓・山端)さんです。 Weblog: OZMAのおもちゃ箱 racked: 2017-10-14 06:26