永遠の0

私の見た映画6作品目「永遠の0」
2013年12月21日から全国430スクリーンで公開され、初日2日間の観客動員数は約42万9000人、興行収入約5億4200万円。
さらに、観客動員数は700万人、累計興行収入86億円を突破、歴代の邦画実写映画で6位にランクインする大ヒットを記録したそうです。
昨年は一大ブームとなって劇場やDVDで見られた方も多いと思います。
私は、今年のお正月にレンタルDVDでようやく見ることができました。

永遠の0 Blu-ray通常版【Blu-ray】 [ 岡田准一 ]
楽天ブックス
岡田准一 三浦春馬 井上真央 山崎 貴 ※本商品はBluーrayDisc Videoになります。DV


楽天市場 by 永遠の0 Blu-ray通常版【Blu-ray】 [ 岡田准一 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




「永遠の0」は百田尚樹による作家デビュー作であり、文庫本も販売部数400万部を突破しました。
文庫本はすでに昨年読んでいて、DVDでもぜひ見たいと思っていました。
画像

現代の青年が、自分と同じ歳で命を散らせた元特攻隊員の祖父の人生をたどる中で、戦争に関わった人々の想いに触れていくというストーリーですが、小説と比べ映画では慶子の恋人が登場しなかったり、いくつかの場面が割愛されているようでしたが、CGによる戦闘場面はとても迫力がありました。
また、ラストの前に健太郎が現代の東京で零戦に乗った宮部久蔵を見るシーンがあるのですが、これはCGでないと表現できませんよね。

「戦争を美化している」という批判もあるようですが、私は「家族愛」の方が強く感じましたね。
また、自分たちがいまどんなに平和で幸せな暮らしをしているのかを思い知らされました。

余談ですが、私は子どもの頃から第2次大戦中のレシプロ機が好きで、大人になってからもプラモデルを作り続けています。
画像

画像

画像

私の作ったプラモデル「零式艦上戦闘機22型」
宮部久蔵が特攻で搭乗した機は「21型」でした。

アメリカ軍の戦闘機でこんなのも登場していました。
「P-51ムスタング」(ハセガワ)
画像

「P-38ライトニング」(ハセガワ)
画像


現在中学生の方で旧日本軍のレシプロ機を作ってブログに掲載されている方がいます。
「お若いのにどうしてレシプロ機?」とお尋ねすると、「永遠の0に感動して作り続けている」とのことでした。


永遠の0 [ 百田尚樹 ]
楽天ブックス
講談社文庫 百田尚樹 講談社【チラよみ対象商品】 発行年月:2009年07月 予約締切日:2009年


楽天市場 by 永遠の0 [ 百田尚樹 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




【新品】【漫画】永遠の0 全巻セット (1-5巻 全巻)-全巻読破.COM漫画全巻大人買い専門店-
全巻読破 漫画大人買い 楽天市場店
この商品は新品です。古本でお探しの方はコチラ。原作:百田尚樹 作画:須本壮一出版社:双葉社版型:B6


楽天市場 by 【新品】【漫画】永遠の0 全巻セット (1-5巻 全巻)-全巻読破.COM漫画全巻大人買い専門店- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 88

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

kunityan
2015年01月07日 11:12
永遠の0は、テレビ等で盛んに
報道されたので知っていますが、
実際に読んだり見たりしていま
せん。

私自身が少年飛行兵出身ですから、
興味を持っていただけるのは、大変
嬉しいことです。

昨年、3月妻と一緒に知覧を再度
訪れたのも、自分を知ってもらい
たい気持ちでした。

今年は、終戦を迎えた加佐登
(現鈴鹿市)を、再度訪ねる計画
です。
OZMA
2015年01月07日 21:04
kunityanさん、こんばんは。
父は今年94歳になりますが、太平洋戦争中は隼の整備をしていたそうです。
子どもの頃は、よく隼の話を聞かされたり「加藤隼戦闘隊」のレコードを聴かされたりしました。
きっとkunityanさんのように自分を知ってもらいたかったのではないかと思いました。
私が第2次大戦中のレシプロ機が好きなのは父の影響があるのかもしれません。
2015年01月08日 12:23
こんにちは。私のブログへ気持玉やコメントを頂き有難うございました。

日本の誇る戦闘機のプラモデルは作る時も作って部屋の飾りとして置くのも良いですね。竹籤と紙で作った飛行機をゴムの動力で、子供の頃に飛ばした事を思い出されます。ブログ(架空飛行機工場)と言う処を時々に見ています。

今後とも宜しくお願い致します。
フリーダム
2015年01月08日 21:34
こんばんは。
私も小説を読み、映画も見ました。映画は、決まった時間内にまとめるので、ダイジェスト版みたいになってしまう事は仕方がない事ですね。最後のグロイシーンも再現されるのだろうかと心配していましたが、『そうきたか!』という感じの終わり方でした。
ところで、小説セールスポイントである「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか?の問いに、OZMAさんはどのような答えをだしましたか?
OZMA
2015年01月08日 22:21
華の熟年さん、こんばんは。
私もゴム動力の飛行機よく作って飛ばしました。
懐かしいです。
子どもの頃よく作っていたプラモデルの飛行機も最近になって再開し、楽しんでいます。
私もジュンチー(架空機工場)さんのブログよく訪問させて頂いています。
OZMA
2015年01月08日 22:47
フリーダムさん、こんばんは。
小説の最後、アメリカ軍が宮部久蔵の亡骸を集め埋葬するシーンですよね。
映像ではこのシーンはなかった方が良かったような気がします。

宮部久蔵がなぜ自ら特攻に行ったのか・・・「俺の命は彼らの犠牲の上にある」という彼の言葉から、自分の教え子たちが特攻で死んで行くのが耐えられなかったのでしょうか、それとも自分の命を助けてくれた大石を助けたかったのでしょうか?
私には明確な答えを出すことは出来ませんでした。
2015年01月09日 02:04
これは新しい作品やから、まだ見ていないです
劇場へは何年行ってないんだろう(笑)
最後に見たのがニコラス・ケイジの「魔法使いの弟子」か「ロビン・フット」やったと思います(笑)

ここ数ヶ月も全然見れてなくて休み明けにHDDに録画してたものを2作品見ました
寝なくてもいい体やったらいいのにって思います
溜まってるので9月から録画もしてないです
1月に入って4作品の録画予約入れましたが。。。どんどん見なくちゃ追いつかないですね

「永遠の0」いつか見れたらいいなぁ~と思います
OZMA
2015年01月09日 06:28
とまるさん、おはようございます。
私も新作は滅多に見ないです。
レンタルDVDでも新作は高くて借りられる期間も短いですもんね。
「永遠の0」結構よかったですよ。
私もかみさんも涙して見てました^^;
2015年01月11日 11:11
遅れながら新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い申し上げます。
我輩もこの映画は見ました。
リアルな映像に現代的凄いなと思いました。
今年は終戦70周年なので模型製作を続けてみたいと思ってます。一式陸攻を少しずつ作成しています。
OZMA
2015年01月11日 14:18
千葉ンプさん、今年も宜しくお願いいたします。
私も現在B-26(ハセガワ1/72)を制作中です。
実は昨年6月から組み立て始めて遅々として進んでいません^^;
4月からは時間がたっぷりとあるので、じっくりと取り組んでいきたいと思っています。
一式陸行の完成の記事楽しみにしております。
2015年01月12日 21:12
「永遠の0」は読みましたが、映画は見ていません。DVD借りてきて観ようと思います。泣いちゃうかも・・・
予科練の街で育ったので特攻とか関心があり、人間魚雷回転の大津島にも行きました。
http://nano87-batake.at.webry.info/201106/article_4.html
大津島が舞台の「出口のない海」の映画も本も読みました。
70年前にあった出来事を忘れてはいけないと思います。
百田尚樹の作品で最近読んだのは「海賊とよばれた男」が面白かったです。日本にも骨のある男がいたものだと感激しました。
OZMA
2015年01月13日 06:06
かっちゃんさん、おはようございます。
DVD期待以上によかったと思いました。
かみさんも私もやはり泣いちゃいました。
今度「海賊とよばれた男」読んでみることにします。

この記事へのトラックバック