私は正義のヒーローになりたかった⑧=スーパージェッター=

『スーパージェッター』は、1965年1月7日から1966年1月20日までTBS系で全52話が放送された、TCJ(後のエイケン)製作のSFアニメ。(Wikipediaより)





30世紀のタイムパトロールであるジェッターは、悪人ジャガーを追跡中にタイムマシン同士の衝突事故で20世紀に落下してしまう。
タイムマシン・流星号の時間航行機能の故障で20世紀に取り残されたジェッターは、国際科学捜査局の西郷長官の要請をうけて犯罪捜査へ協力することを決心するというストーリー。

当時のヒーローたちは色々な特殊能力を持っていましたが、スーパージェッターも例外ではありませんでした。
<スーパージェッターの装備>
・未来人として、現代人の数倍すぐれた知能と体力を持つ。
・周囲の時間を30秒間だけ止めることができ、流星号の呼び出し機能・トランシーバー機能をもつ、腕時計型のタイムストッパー
・重力を中和することで空中を飛ぶことができる反重力ベルト
・相手を一時的にしびれさせる銃・パラライザー銃。
・赤外線透視ゴーグル
・防弾スーツ

そして
<流星号>
エアカー型のタイムマシン。
最高速度マッハ15(タイムマシン同士の衝突がなければマッハ30)で飛行し、水中活動も可能であり、また電子頭脳を搭載しており自律して活動でき、ジェッターの呼びかけに応じて飛来する。
ジェッターが腕時計型の通信機(タイム・ストッパー)に「流星号、応答せよ、流星号」と呼びかける真似をよくしたものです。

一番欲しかった能力は、やはり「流星号」。
母親に「流星号」のプラモデルをねだって買ってもらいました。
運転免許を取得した今は、やっぱり運転できる「流星号」が欲しい^^
トヨタさん、ニッサンさん、「流星号」のデザインのクルマを発売してくれませんかね?
結構売れると思うんですが^^



キャラウィール 14 流星号
バンダイ
2001-05-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キャラウィール 14 流星号 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「スーパージェッター」の主題歌。
この歌もかっこいい~^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 67

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年11月05日 22:14
いや~ぁ、懐かしかった!
一緒に歌ってしまいましたよ。
妹とテレビにかじりついて観ていました♪
OZMA
2014年11月06日 05:52
ちいばあちゃんさん、おはようございます。
懐かしんでいただいてよかったです。
スパージェッターは、エイトマンの次の作品として放映されました。
よろしければ、エイトマンもUPしていますのでご覧ください^^
kunityan
2014年11月06日 12:43
私の年代では、この種の漫画と言うか、
アニメ的なものはありませんでした。

息子たちが夢中になっていた時代です
ね。子供たちに、テレビが独占されて
いました。

少年倶楽部で、戦争ものが多かった。
映画では、ターザンが人気でした。
鈴木すみ子の猫のお化けの映画で
顔を手で覆いながら、指の隙間から
恐いもの見たさの格好でした。
てっちゃん
2014年11月06日 17:04
乗り物の中で唯一遠心力に逆らって
コーナリングする乗り物はクルマなんだよね!

バイク、飛行機そして電車(コーナーでは外側がレールが高くなっている)までも遠心力に
対応してるのにねっ!

遠心力に対応するのにいつまでもの時代
タイヤに任せてこれ以上のクルマの発展は
ありません。

究極はOZMAさんの言ってる流星号がクルマの
未来のあるべき姿だと私も思っています。
2014年11月06日 17:15
見てましたとも!!

 でも ジェッターの声

 こんな声だったんですねえ。

 いやあ 懐かしい。
OZMA
2014年11月06日 23:13
kunityanさん、こんばんは。
時代と共にヒーローは変わっていくんですね。
今の子どもたちのヒーローはゲームの主人公なんでしょうかね。
アニメ物は、随分少なくなったような気がします。
OZMA
2014年11月06日 23:15
てっちゃんさん、こんばんは。
そのうちエアカーがハイウェイを走り回る時代が来るのでしょうかね。
そんな時代が来るまで、元気で長生きしなくっちゃ^^
OZMA
2014年11月06日 23:22
高忠さん、こんばんは。
スパージェッターは、毎週観ていましたが、結局1年間ぐらいの放映でしたもんね。
記憶が曖昧なところも多少あって、最終回なんぞはよく覚えていませんでした。
象山
2014年11月07日 09:03
'流星号応答せよ’って 懐かしいです。
これって スポンサーが丸美屋のふりかけ
ってことは あのエイトマンの後だったの
ですね 子供の頃 欠かさず
見ていました。
OZMA
2014年11月07日 23:09
象山さん、こんばんは。
そうですね。スーパージェッターはエイトマンの次番組として丸美屋食品の提供で放映されました。
この頃、「狼少年ケン」や「宇宙少年ソラン」などの番組もありましたね。

この記事へのトラックバック