OZMAのおもちゃ箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 南ドイツ浪漫紀行23〜ノイシュヴァンシュタイン城@〜

<<   作成日時 : 2017/08/05 07:53   >>

ナイス ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 16

ノイシュヴァンシュタイン城の麓の街、ホーエンシュヴァウガウへ到着しました。
街からは、高台にそびえるノイシュヴァンシュタイン城の美しい姿を見上げることができました。
画像

ノイシュヴァンシュタイン城は、第4代バイエルン王ルードヴィッヒ2世(1845〜1886)が17年の歳月と巨額の費用をつぎ込んで自己の夢を実現させようと、精魂込めて造ったというとても白亜の美しい城です。
「行ってみたい世界のお城ランキング」の第1位に輝き、また、ディズニーランドのシンデレラ城のモデルになったとも言われています。

もう少しズームにして撮ってみました。
画像


麓の街からノイシュヴァンシュタイン城までのアクセス方法は、徒歩、バス、馬車の3種類。
我々ツアー一行はバスでアクセスしますが、この混雑状況でした。
しかし、まだこれでも行列は短い方だそうです。
画像

ようやくバスに乗り、約10分で降り場へ到着。

ツアー一行はここからマリエン橋へ向かいましたが、私は高いところが苦手なのでマリエン橋へは行かずに、直接城入り口までへ向かいました。
かみさん撮影によるマリエン橋。
橋の上は、たくさんの人たちでごった返しているようです。
画像

マリエン橋からは、ノイシュバンシュタイン城の全景を撮ることができます。
画像

このアングル、HPや写真などでよく見ますね。
かみさん、ズームでも撮っていました。
画像

この絶景を直接観たくないといったら嘘になりますが、きっと橋の真ん中まで行くことは出来ないでしょうね^^;

バスの終点から、山道を歩いて城の入り口へ向かいます。
画像

しばらく歩くとノイシュバンシュタイン城が見えてきました。
画像

画像

だいぶ城の入り口へ近づいてきましたが、城が大きすぎて城の全景を写真に収めることができません。
画像

画像

残念ながら、城の正面は改修工事中で、見ることはできませんでした。
画像


ノイシュバンシュタイン城の入場券。
画像

一度には100名程度しか入場することが出来ないそうです。
我々は、446番目で11時50分の入場です。

入場時間まで、しばらく辺りを散策してみました。
入場ゲートの近くから、ちょうどマリエン橋が正面に見えます。
画像

おぉ!怖!こんな所へ行かなくて良かった^^;

画像

画像


入場ゲート付近。
現在、443番目が入場中。我々の入場まであと15分です。
画像


445番目。我々の入場まであと2分^^
画像

入場ゲートは、自動改札になっており、入場券を差し込んで入場します。
画像

11時50分。ようやく我々が入場できる順番がきました。
画像

いざ、ノイシュヴァンシュタイン城へ突撃じゃ〜!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 49
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
ノイシュバンシュタイン城がバッチリですね
私が行った時は雪のノイシュバンシュタイン城だったので美しかったんですけど。。。橋には行けなかったんです

いつか、この橋からのアングルで写真を撮りたいです
それとホーエンシュバンガウ城の方を見学したいです

私が行った時は中の写真は禁止でしたが。。。今はどうなんでしょうか
写真がないと忘れちゃいますよね
でも。。。豪華だったと思います(笑)

とまる
2017/08/05 11:07
シンデレラ城のモデル、僕はスペインのアルカサルだと聞いたんですが、こちらだったんですね。
ノイシュヴァンシュタイン城の名前はよく聞きますが、写真を拝見するとさすがに美しいですね。
僕は美しすぎるものがちょっと苦手で、ヨーロッパの城に拒否反応のようなものがあったんですが、これはさすがに一度は見てみたいですね。
家ニスタ
2017/08/05 12:22
お〜、ノイシュバンシュタイン城
素晴らしいですね
自分も絶対行きたい場所の一つです
それにしても人が多いですね
と言うよりも、多すぎますね
それだけ人気のスポットなのでしょうね
446番目と言うとかなり後ろの順番のようですが、何組待ちで時間はどれぐらい待ったのでしょうか???
ゆけむり
2017/08/05 14:17
いゃ〜、素晴らしいお城ですね。マリエン橋からのアングルは絶景です。テレビ番組「世界ふしぎ発見!」で細かく紹介されていたので大体の概要は分かっていますが、開場前から長蛇の列、入場まで順番待ちとは恐ろしいですね。どっと疲れが出ます。
間違っているかもしれませんが、ドラキュラ伝説の城にもなっているんじゃなかったでしょうか?
何かいわく付きで一部非公開な所もあったような記憶もありますが?
次回の内部レポートも楽しみにしております。
フリーダム
2017/08/05 16:03
絶壁を背景にしたお城の姿が
何とも言えない魅力です。

この様な難しい場所に建築
するには、それだけの権勢と
財力あってこそ可能なので
しょう。

さすが行って見たい世界の
名城の1位に選ばれるだけの
価値ありですね。

それにしても順番待ちが大変
ですね。
kunityann
2017/08/05 22:27
ノイシュバンシュタイン城にバスで行かれたのですね。私が行った時は4月だったのですけど雪があってバスでは行けなくて馬車でした。なのでマリエン橋には行けなくそこからのお城を見たかったけど残念です。
そらひな
2017/08/06 07:49
マリエン橋を見たら、こんなに人が乗っかって落ちないの???!
って感じですよねえ。ある意味怖いです。

このお城は未完成ですが、いい加減世界遺産にしちゃっていいんじゃないの?って思います。
現実逃避な旅人
2017/08/07 09:48
こんにちは〜
わぁぁぁ こんなに混んでるんですか!
でも 良いですねぇ
ヨーロッパのお城は おどろおどろしい
ものもありますが こちらは ロマンチック
ですね!
おとめ
2017/08/07 12:23
とまるさん、おはようございます。
雪のノイシュバンシュタイン城も美しいのでしょうね。
でもバスが動かないのはちょいと困りますねぇ・・
城内はやはり撮影禁止でした。
次稿で少し紹介しています。
OZMA
2017/08/08 07:40
家ニスタさん、おはようございます。
100年ちょっと前建造のお城なので、ヨーロッパのお城にしては歴史の浅いお城ですね。
とても美しいお城ですが、正直言うと、私はハイデルベルク城のような古城のほうが好きなんです。
OZMA
2017/08/08 07:47
ゆけむりさん、おはようございます。
城の待ち時間は、シャトルバスを降りてから、マリエン橋などへ行って調整できます。
それよりバスにどれだけ早く乗れるかが問題だと思いました。
シャトルバスは結構頻繁に往復していたので、20〜30分ぐらいの待ち時間で乗れたでしょうか。
我々がバスの順番を待っている間に添乗員さんがチケットを買ってくれたので、時間をロスせずに乗れました。
でも、予約時間に間に合わないと入場できないので、早めに入場ゲートに着いていた方がよいでしょうね。
OZMA
2017/08/08 08:59
フリーダムさん、こんにちは。
添乗員さんによると、この時期はこれでも列は短い方だそうです。
ラッキーでした^^

ドラキュラ伝説のある城は、ルーマニアのブラン城じゃなかったですかね?
OZMA
2017/08/08 12:49
kunityanさん、こんにちは。
ルードヴィッヒ2世は、長年この場所で夢に描いた城を建てたいと思っていたそうです。
外観も素晴らしいですが、内装もなかなか凝った工夫がなされていました。
内装については次稿で少し紹介しています。
OZMA
2017/08/08 12:54
そらひなさん、こんんちは。
馬車は12名しか乗れないので、順番待ちが大変ではなかったでしょうか?
マリエン橋に行くことが出来なかったのは残念ですが、早春のノイシュバンシュタイン城も素敵だったでしょうね。
OZMA
2017/08/08 12:58
現実逃避な旅人さん、こんにちは。
私はマリエン橋には行きませんでしたが、仮に行っていたとしても、橋の上から絶景を観ることは出来なかったでしょうね。
行かなくて正解でした^^;
OZMA
2017/08/08 13:04
おとめさん、こんにちは。
正直言うと、外観はテーマパークのようでちょいと興ざめしました。
どちらかというと、私は古くて、おどろおどろしい城の方が好きですね^^
OZMA
2017/08/08 13:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
南ドイツ浪漫紀行23〜ノイシュヴァンシュタイン城@〜 OZMAのおもちゃ箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる