OZMAのおもちゃ箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 南ドイツ浪漫紀行39〜ライン川クルーズA〜

<<   作成日時 : 2017/08/21 07:32   >>

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 4

出航前、リューデスハイムで、ライン渓谷のガイドブックを購入しました。
画像

本稿では、このガイドブックを参考にして、ライン川沿いの古城を中心に紹介します。

出航してすぐにビンゲンの町の中に建つクロップ城が見えてきました。
見張り塔の土台は、何とローマ時代に築かれた物だそうです。
麓の近代的な建物が対照的ですね。
画像


川の中州に建っているのは鼠塔。
ここは、通行税を徴収するために建てられたかつての関所で、悪徳大司教が鼠に喰い殺されたという伝説が残っているそうです。
画像


葡萄畑の中に囲まれたエーレンフェルス廃城。
この城も関所として建てられたのですが、14世紀からは城砦として戦いにも利用され、1689年にフランス軍により爆破されて廃墟となりました。
画像


「ラインの宝石」という名のラインシュタイン城。
1300年頃建てられた城ですが、現在は元オペラ歌手の個人所有になっており、中はきれいに修復されているそうです。
画像


ライン沿岸の古城の中で最も古い城の一つである、ライヒェンシュタイン城。
11世紀に築城され、一時は盗賊騎士団の根城になっていたこともあるそうです。
現在は修復され、ホテルとして利用されています。
画像

画像


ゾーン森で最も張り出した位置にそびえるゾーンエック城。
この城もかつては盗賊の館になっていたそうです。
画像


ニーダーライムバッハの町の丘に建つハイムブルク城。
現在も所有者自身が実際に住んでいるのだとか。
画像


高い岸壁に建つノリッヒ城。
騎士の城塞ではなく、ロルヒ町の防衛施設だったそうです。
画像


回りを堅固な防壁で囲まれたフュルステンベルク廃墟。
円形の見張り塔は、上に向かって細くなる構造になっています。
画像


バッハラッハの丘に建つシュタールエック城。
1200年頃に築城された古城ですが、現在は改修され、ドイツで最も美しいユースホステルに変身しました。
画像


この日の天気予報は曇りのち雨。
そろそろ一雨きそうです。
クルーズが終わるまで、何とか降らないで欲しいのですが・・・・
画像


川の中州に建つ白亜のプファルツ城。
関税の徴収をために建てられた関所だったのですが、現在は博物館として公開されています。
画像


プファルツ城の背後の斜面に建つグーテンフェルス城。
この城も現在はホテルとして利用されています。
画像


オーバーヴェーゼルの丘の上に建つ大きなお城はシェーンブルク城。
12世紀初頭に築城、その後フランス軍の攻撃により落城しましたが、塔以外は再建され、現在は高級ホテルになっています。
とうとう雨が降ってきて、うまく写真を撮れませんでした><
まぁ、ここまで雨に降られなかったのは、ラッキーでしたね。
画像


クルーズ船を降りるザンクト・ゴアールの手前で見えたカッツ(猫)城。
現在は日本人企業家が所有しているそうです。
画像


お城好きにはたまらなく魅力的なクルーズでした。
クルーズの1時間45分の間、私もかみさんも片っ端からお城の写真を撮りまくりました。
お城の名前や説明は、乗船前に購入したガイドブックが大いに参考になりました。
ガイドブックを購入していて大正解でした^^


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 37
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ライン川クルーズ。。。良いですね♡
ちょっと雨に降られたのは残念ですが最後の方で良かったですね

船は好きじゃないんですが(笑)、これだけは絶対に乗りたいです
きっとお城を眺めて写真を撮りまくってるうちにクルーズが終わってしまうのでしょうね

ガイドブックは購入して良かったですね
猫城の所有者は日本人なんですね
初めて知りました
ライン川沿いの古城ホテルにも泊まってみたいです
とっても参考になりました
有難うございます
いつか行ける日が待ち遠しいです
とまる
2017/08/21 11:57
すごいですね
こんなにたくさんお城が
あるんですか!
ヨーロッパは お金持ちが
多かったんですね!
おとめ
2017/08/21 12:21
とまるさん、
クルーズ船は大きいし、ラインの流れも緩やかなので、船はほとんど揺れませんでした。
なので、船酔いしやすい人もきっと大丈夫だと思います。
写真を撮りすぎて、撮った写真がどのお城かわからなくなってしまいました。
ガイドブックが大いに役に立ちましたね。
OZMA
2017/08/23 07:39
おとめさん、
ライン川クルーズは、お城好きにはたまりませんねw
この日のために、40倍ズームの付いたコンデジを購入しましたw
OZMA
2017/08/23 07:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
南ドイツ浪漫紀行39〜ライン川クルーズA〜 OZMAのおもちゃ箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる