OZMAのおもちゃ箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 南ドイツ浪漫紀行38〜ライン川クルーズ@〜

<<   作成日時 : 2017/08/20 08:54   >>

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 8

フリータイムでつぐみ横丁を散策後、各自でリューデスハイムの船着き場に集合。
しばらくすると我々の乗船する船がやって来ました。
画像

画像

良い席を確保せねばと勇んで船に乗り込んだのですが、思いの外船内はがらがらでした。
ここからザンクト・ゴアールまでの間、約1時間45分の船旅を楽しみます。
ちょいと長くなりそうなので、2回に分けて記事を掲載します。

クルーズ船が船着き場を離れると、名産のワインの試飲のサービスがありました。
サービスというより、「気に入ったら買ってくれ」という訳ですね。
画像

こんなちょっぴりじゃわからん・・・・もうちょっと飲ませてよ^^
画像

ほとんど全種類試飲し、気に入った物を3本だけ購入しました。
お値段は忘れてしまいましたが、日本までの送料は込みでした。

ライン川は全長1233Kmにおよび、スイスから9カ国を流れ、オランダのロッテルダムで北海に注いでいる国際河川です。
そのうち中流域のドイツのビンゲンからコブレンツまでのおよそ65Kmは古城や歴史的建造物が多く建ち並び、世界遺産に登録されています。

いよいよ、私がこの旅行で最も楽しみにしていたライン川クルーズが始まります。
リューデスハイムの船着き場を出航♪〜
画像


わずか数分で対岸のビンゲンの船着き場に到着。
ここからもわずかですがお客が乗船してきました。
画像


クルーズ船は、ふたたび穏やかなラインの流れをさらにゆっくりと下っていきます。
画像


前日に訪れたニーダーヴァルト記念碑が見えてきました。
画像


我々が乗船したのはKDラインクルーズという船会社のクルーズ船でしたが、他にも何社かクルーズ船を運行している会社があるようです。
画像


川の両岸とも鉄道が走っています。
左岸を走っているのは国鉄、右岸を走っているのは私鉄だそうです。
画像

画像


ロケットのような教会^^
画像


ライヒェンシュタイン城とその麓に建つ可愛らしい教会。
画像



ニーダーライムバッハの町のカラフルな家並み。
背後に建っているお城はハイムブルク城です。
ライン川沿いの古城については、次稿で詳しく紹介したいと思っています。
画像


お城の次によく目立つのは教会ですね。
画像

画像

画像


バッハラッハからは、結構たくさんの乗客が乗船してきました。
画像


ライン川クルーズも終わりに近づいた頃、ラインの名所ローレライが見えてきました。
みなさん、客室からデッキに上がってきて、カメラを向けていました。
画像

「LORELEY」の看板が見えます。
「なじかは知らねど〜心詫びて♪〜」というメロディーと歌詞が自然と口をついて出てきます。
画像

ローレライは、ライン川に突き出た岩山なのですが、このあたりは川幅が狭く、急カーブ、さらに川底のには岩礁があり、船乗りにとっては難所になっていました。
そのため、船乗りたちが美しい乙女の歌声に惑わされて、次々に船を転覆させるという伝説が生まれました。
画像


1時間45分のクルーズが終わり、ザンクト・ゴアールに到着。
画像

のんびりと船旅をしながら、中世の街並みや古城を満喫することができました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 38
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ライン川クルーズいいなぁ〜♪
私もいつか乗りたいと思います
どこまで乗って、どのお城を訪ねようかなって考えるだけで楽しいです

次項も楽しみです♪
とまる
2017/08/20 12:14
ライン川とローレライの
メロデーは、子供のころから
イメージとして焼き付いて
います。

その貴重なライン川を下る
とは、一生の宝ですね。

それにしても、深く考えて
いませんでしたが、その長い
流れからして、9つの国を
流れる国際河川だとは、
考えを新たにしました。
kunityann
2017/08/21 09:21
いや〜、ライン川クルーズ凄く良いですね!
自分もいつかやってみたいと思っています
海でも川でも湖でもクルーズが大好きなのですが、〇〇川クルーズ的なのが一番好きです
のんびりとビールを飲みながら移りゆく景色を楽しむ
海外では特に素晴らしい体験になるでしょうね

ワインを試飲しながらっ手のも乙ですね
3本購入されたようですが、日本まで送ってくれるのはありがたいですね
ゆけむり
2017/08/21 09:27
ライン川の船下り
素敵ですねぇ
景色も きれいです!

手振れしまくりのビデオとは
大違いです! (笑)
おとめ
2017/08/21 12:20
とまるさん、
ライン川クルーズは、ドイツ旅行で私が最も楽しみにしていた一つです。
次稿では、ラインの古城を中心にご紹介します。
OZMA
2017/08/23 07:25
kunityanさん、
ローレライの歌は、子どものころ音楽の授業で習いました。
この歌の場所を実際に訪れることができたのは、感無量でしたね。
OZMA
2017/08/23 07:28
ゆけむりさんもクルージングがお好きでしたよね。
私は海のクルーズはあまり経験がありませんが、川のクルーズは両岸の景色が次々と変わっていくのが楽しいですよね^^
OZMA
2017/08/23 07:30
おとめさん、
両岸の景色が次々と変わっていくので、カメラを左右に向けるのが大変でしたw
ビデオカメラを持ってきておれば、動画も撮るのですがね。
その場合は、三脚を据えて取らなければなりませんねw
OZMA
2017/08/23 07:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
南ドイツ浪漫紀行38〜ライン川クルーズ@〜 OZMAのおもちゃ箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる