OZMAのおもちゃ箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 南ドイツ浪漫紀行33〜ハイデルベルク城〜

<<   作成日時 : 2017/08/15 06:40   >>

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 8

画像

山の中腹にあるハイデルベルク城へは、我々はツアーバスで行きましたが、旧市街からケーブルカーで行くことも出来ます。
画像


フリードリッヒ5世が、妃の英国生まれのエリザベス・スチュワートのために造ったという「エリザベス門」。
フリードリッヒ5世は、彼女を喜ばせるために、一夜のうちに、この門を建てさせ、誕生日のびっくりプレゼントにしたそうです。
画像


ハイデルベルク城は、13−16世紀にかけてプファルツ選帝侯の居城として建てられた古城。
その後、いく度も戦禍に巻き込まれ、その都度修復が行われそうですが、18世紀に廃城となりました。
画像

手前の部分が壊されている小さな塔は、牢獄として使われていたそうです。
画像


塔の下層が火薬庫として用いられていたという「火薬塔」。
画像


右側の時計がはめ込まれた塔は、防衛施設の要として使われた「城門塔」。
画像

この塔は城の重要な建物の入り口となっています。
画像

これは、日本の城郭で言う「鉄砲狭間」でしょうかね?
画像

城門の入り口の上に2体の騎士像が立っているのですが、股間がもっこり・・・・・w
画像

入り口には上から鉄の柵が落ちてくる仕掛けがしてあります。
画像


門を抜けると広場になっており、正面には「フレードリッヒ館」が建っています。
1607年にフリードリッヒ4世により建てられて以来、ここは代々の選帝侯の居住館になっていました。
画像


そして、広場の左手に建っているのは、城の最古の住居館「ループレヒト館」。
画像

建物の壁には、建造主であるループレヒト3世を表す鷲の紋章が掲げられています。
画像

そして入り口の上には、「花輪をもった2人の天使の彫刻像」が掲げられています。
この彫刻像には、悲しい伝説があるのだとか。
画像


さらに右手に建っているのは「オットー・ハインリッヒ館」。
ドイツのルネッサンス建築、最高傑作と言われているそうですが、上部は壁のみを残し、30年戦争により破壊されています。
画像


「フレードリッヒ館」の奥のある「テラス」からは、ハイデルベルクの市街地が一望できます。
画像

右手には、アルテ・ブリュッケ(古い橋)が見えます。
画像

こちらに見える塔は鐘楼。
画像

そして、テラスの石畳の上にある奇妙な窪み。
これは「騎士の足跡」と言われ、選帝侯の妃が浮気をしているところに、急に夫が帰宅し、慌てた浮気相手が窓から飛び降りた際に着いた足跡なんだそうです。
最近は、色々な方の浮気話が取りざたされていますが、今も昔も変わらないのですねw
画像


最後にフリードリッヒ館のお隣にある、地下のワインの大樽を見学。
この大樽は、長さ8.5メートル、直径7メートルで、木製の樽としては世界一だそうです。
画像

樽の反対側の壁側に飾られているコンパスとカンナは、樽を製作したとき実際に使われたものだそうです。
その下は「ペルケオ」という小人の像。
彼は選帝侯が連れてきた道化師で、毎日、18本ものワインを飲み干す大酒飲みだったのだとか。
画像


ノイシュヴァンシュタイン城のような美しい城もいいですが、私はどちらかというと、ハイデルベルク城のような古くて趣のあるお城の方が好きかな^^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
城も、過去の設計を調査して
復元した姿を見るのもよいが、
昔の面影が損なわれるような
気がします。

修復せずに見た姿が、忠実感
が伝わってくる気がします。

妃のために門を造らせるなど、
秀吉が淀殿対する思い入れの
強さを見ても、東西を問わず
権勢者といえども、女には弱
いのでしょうね。
kunityan
2017/08/15 07:32
おはようございます
歴史の重みが伝わるお城ですねぇ
愛するお妃のために 門を
一夜で作って プレゼント!
すごいですけれど…
権力の固辞がすごすぎて ちょっと
鼻しらむ感じです… 
門をプレゼントされて 本当に
嬉しかったのかなぁ お妃さまは?
まぁ 一応 嬉しい!って 言うとは
思いますけど 私だったら お花いっぱいの
公園とか 素敵な景色の別荘 とかの
ほうが良いなぁ (笑)
おとめ
2017/08/15 07:48
ハイデルベルク城は廃城になった趣のあるお城ですね
写真でしか見たことがないですけど、哀愁があって良いですね
ノイシュバンシュタイン城ほか、沢山のお城があるドイツですけど、きれいに修復されて博物館になってるものやホテルになってるものや今も居住されてるものやハイデルベルク城のように廃城になってるものなど。。。全部を見るのは不可能ですね(笑)

あぁ〜行きたいなぁ〜(笑)
ハイデルベルク城いいなぁ〜♡
とまる
2017/08/15 09:49
kunityanさん、
コンクリートで美しく復元された城を見ると、興ざめすることがあります。
その点、このお城は風情を感じることができました。
ゆっくりと見学することができて良かったです。
OZMA
2017/08/18 14:20
おとめさん、
このお城は、この高台から、長い間ハイデルベルクの歴史を見てきたのでしょうね。
壊された塔の壁や門をじっと見ていると、歴史の憂き目を感じ取ることができました。
OZMA
2017/08/18 14:28
とまるさん、
ドイツでは色々なお城を見ることができました。
しかし、中でもこのお城が一番強く印象に残っています。
OZMA
2017/08/18 14:29
ドイツはどこも素敵な所でしたが、ここのワイン樽だけは強烈な印象が今でも残っています。
ノイシュヴァンシュタイン城も良かったけど、ハイデルベルグは素晴らしい街でしたね、もう一度行けたらなあーっとため息が出ましたよ(^^ゞ
サヤ侍
2017/08/19 15:22
サヤ侍さん、おはようございます。
実はハイデルベルクは、そんなに期待していませんでした。
しかし、思っていた以上に良かったと思いました。
私もまたドイツに訪れることがあれば、ハイデルベルクに来たいと思っています。
OZMA
2017/08/23 06:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
南ドイツ浪漫紀行33〜ハイデルベルク城〜 OZMAのおもちゃ箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる