OZMAのおもちゃ箱

アクセスカウンタ

zoom RSS おっさん5匹「KANO」ゆかりの地を巡る旅J〜「KANO」故事館〜

<<   作成日時 : 2017/06/27 10:52   >>

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 6

檜意森活村の日本家屋の見学もそぞろに急いでやって来たのは、ここ「KANO」故事館。
嘉義に来たら、絶対にここは訪れたいと思っていました。

「KANO」故事館は檜意森活村の中にあり、映画「KANO」を撮影したときに使った近藤監督の家の内部を再現しています。
画像

軒下には、映画「KANO」のあのポスターも貼られていました。
画像


嘉義農林のユニフォーム!
画像

中国語と日本語の入り交じった「KANO」の看板。
中国語で「近藤教練宿舎」とあります。日本人の我々でも「近藤監督の家」と読みとれます。
画像


「KANO」故事館の中はゆっくり見て回りたいと思います。
こちらを向いているのは施(シィ)さん、後ろを向いているのはS(しぃ〜)。「シィ〜」のwショット^^
画像

古い日本製品が展示されていますが、1931年当時扇風機なんてありましたっけ??
画像


昭和の天皇陛下、皇太子、皇后陛下のお写真。
画像


おぉ!!「KANO」グッズや!
「KANO」の映画を観ていた、U、K、OZMAの3人は大興奮!!
画像


この部屋には、映画の中で近藤監督がしたためていた「甲子園」の書がありました。
画像

画像

こちらが映画の中の一場面。
画像


こちらの部屋も映画の中で出てきました。
画像

映画の中では、この場面ですね。
手前の家具と襖は同じ物です。
画像

この部屋には「一球入魂」の書が飾られてありました。
この言葉も映画では良く出てきましたね。
映画「KANO」の色々な場面が蘇ってきます。
画像

日本家屋の前で写真を撮られていた台湾のご家族といっしょに記念撮影。
シャッターを押してくれた施さんの「一球入魂指さして」という言葉に、日本のおっさんたち格好良くポーズを決めてしまいましたw
還暦過ぎのおっさんたち、まるで子どものようにノリノリです^^
画像


館内にはお土産物のショップもありました。
施さん・・・「これ、なかなかいいでしょ?」
F・・・・・・・「ワタシ、ちょいとお腹の出っ張りが目立ちそうです^^;」
画像

この法被、Uが一目惚れしてしまいました。
画像

おぉ!思い余って、とうとう買っちゃいましたかw
二つの△は台湾の「台」の字をデザインしたのだそうです。
画像

「どや!似合うやろ〜♪」
画像

帰国後、Uはこの法被、自分の部屋に大事に飾っているそうです。

コーヒーとケーキで、ちょいとブレイクタイム。
画像

K・・・「あ〜楽しかった♪〜」
画像


「甲子園」の書の前で、施さんと一緒に記念撮影^^
「いち、にぃ、さん、しー、こーしえん!」(映画の中での嘉農の選手たちのかけ声です)
画像


私とUとKの3人は「KANO」を事前に観て来たので、大興奮でした。
「KANO]を観ていないFとSにとっては、ちょいと退屈だったかもしれません。

しかし・・・・・
帰りのクルマの中で施さんが教えてくれたのですが、何と「KANO」故時館でのSの事がFacebookに掲載されているのだとか!
故時館を出て1時間もせずに記事がUPされていました。
画像

Sは、Uのお気に入りの法被をちゃっかり横取りしていますw
ガキ大将ぶりは今も昔も変わりません^^

なんでも、いっしょに写真を撮った台湾の女の子にSがお菓子を買ってあげたのだとか。
施さんによると、記事には、
「心優しい日本のお爺ちゃんが、お菓子をあげた」と書いてあるそうです。
Sは「爺爺」と書かれているのがちょいと気に入らないようですが、
結局一番美味しいところを持っていったのは、Sだったのかもしれません^^

この記事が掲載されたHPはこちら→霞光寶物珍藏
「KANO」故時館の売店のHPでしょうかね?
それにしても、この翻訳ちょいと変です。
「日本のお爺ちゃんがお菓子をもらった??」
この爺ちゃん、お酒ならもらうと嬉しいですケド・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 38
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
Sさんやるなぁ〜♪
場所も関係して若いご夫婦に日本のお爺ちゃん(笑)の好印象な思い出が出来て良かったのではないでしょうか
(Facebookはやってないので見れませんが。。。w)

今回の旅のタイトルの場所を訪問して、とっても盛り上がったみたいですねぇ♪


ローテンブルクの記事だけでも旅行までに間に合わせようと頑張ってアップしてますので(まだ途中ですが)覗いてみてくださいね


とまる
2017/06/27 16:35
この話題なんとなく脳裏に残って
いるような感じがします。

一球入魂の言葉も浮かんでくる
感じです。

それにしても、筋道が分からない
のに記憶に浮かんでくるのは、
話題性があったのでしょうね。

昭和天皇のお写真まで見られ
るとは、意外感で吃驚ですね。

台湾に対する親近感が増します。
kunityann
2017/06/27 21:31
おはようございます
KANO 観てないのですが
↑故事館は 楽しめそうです♪

Sさん FaceBookの載られたの
ですか!
台湾の方の気の良さがこんなところ
にも表れている気がしていいですね!
おとめ
2017/06/28 08:05
とまるさん、こんにちは。
早いもので、ドイツ旅行まであと1週間となりました。
昨日旅行社から最終日程が届きました。
ローテンブルクでのツアー観光は2時間ほどのようです。なので、早起きして朝の散歩に出かけたいと思っています。
OZMA
2017/06/28 11:32
kunityanさん、こんにちは。
当然のように昭和天皇のお写真が飾られていました。
アジアの某隣国では到底考えられませんよね。
台湾大好きです^^
OZMA
2017/06/28 11:36
おとめさん、こんにちは。
Sの記事がFaceBookに掲載されたので、FaceBookに初めて登録してしまいました。

帰国してからも「KANO」を観ました。
もし、「KANO」故時館へ行かれるのでしたら、映画「KANO」を一度ご覧になってから出かけられることをオススメします。
OZMA
2017/06/28 11:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
おっさん5匹「KANO」ゆかりの地を巡る旅J〜「KANO」故事館〜 OZMAのおもちゃ箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる