OZMAのおもちゃ箱

アクセスカウンタ

zoom RSS おっさん5匹「KANO」ゆかりの地を巡る旅F〜烏山頭水庫〜

<<   作成日時 : 2017/06/23 09:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

2日目・6月16日(金)
朝食は、ホテルのアメリカンビュッフェ。
品数も結構豊富で結構美味しかったです。
ちょい盛り過ぎかなとも思いましたが、美味しかったのでぺろりといっちゃいました。
特に右の皿の焼そばが辛くて美味しかったです。
画像

ふとFを見ると、茹で蛸のような顔になっていました。
彼は辛い物が苦手なのだとか。
いいおっさんになっても、皆苦手な食べ物があるのですねw
私は辛い物大好き^^明日の朝飯も、この焼そば食べようと♪〜

この日はUの提案で、台南市の「烏山頭水庫」と「KANO」ゆかりの地嘉義市へ行く予定を組んでいました。
私の当初の計画では、台湾鉄道で高雄〜台南〜嘉義へと向かうつもりでしたが、昨日案内していただいた荘さんが「ちょいと時間がかかり過ぎて全部廻れないかも知れない」というので、急遽ハイヤーと添乗員さんを申し込むことになりました。
鉄道で行くよりすこしお高めにはなりますが、5人で割ればしれています。

予定の9時前にロビーへ降りると、すでに添乗員さんが我々を待っていてくださっていました。
この日一日お世話になるのは、施(シィ)敏幸さんとい女性の方でした。
大学で日本語を学ばれていたそうで、日本語はペラペラ。
画像

施さんは、「敏幸って男みたいな名前でしょう?」とおっしゃっていましたが、とても優しくて女性らしい素敵な方でした。
我々は彼女のことをずっと「シィさん」と呼んでいましたが、Sだけは「敏(トシ)ちゃん」と呼んでいましたね。
実は小さい頃からSのニックネームは「し〜」だったのですw
小さい頃から、Sの地元では名前の最初の一文字だけで呼ぶ習慣がありました。
Sの名前は「茂○(しげ○)」なので、「し〜」です。
自分のニックネームを自ら使うのには抵抗があったのでしょうかねw

ちなみにKの名前は「和(かず)○」なので、ニックネームは「か〜」です。
Fの名前は、「藤○均(ひとし)」なので、「ひ〜ちゃん」と呼ばれていました。
我々は、Fのことを「キンさん」と呼んでいますが^^
さらに、Sの従兄弟の「建(けん)○」は、「け〜」、Kの弟の「登(のぼ)○」は「の〜」と呼ばれていました。
なかなか面白い習慣でしょう?
ちょいと横道にそれてしまいましたね。

さて、少し早めに高雄のホテルを出発。
途中スコールのような大雨に見舞われましたが、高速道路を走っておよそ1時間で台南市の「烏山頭水庫」到着しました。

「烏山頭水庫」は、日本人技師八田與一が造ったダムで1920年に着工し1930年に完成しました。
何とフーバー・ダムが完成するまでは世界最大のダムだったそうです。
また、この烏山頭ダムの完成によって、台湾南部、嘉義から台南県にかけて広がる大きな嘉南平野を不毛の地から大穀倉地帯に変えたそうです。
八田與一のこの功績は、我々日本人にはあまり知られていないようですが、台湾では神様のように崇められており、教科書にも彼の功績が紹介されています。
さらに、映画「KANO」にも八田與一や烏山頭ダムが登場します。

こちらは、映画「KANO」でダムの放水シーンで使われた撮影現場。
画像

「KANO」のあのシーンが蘇ります。
画像

画像

しかしここには、フィリピン沖で八田與一が戦死し、夫人は戦争が終わってまもなくこの放水口に身を投げて夫の後を追ったという悲しい過去があります。

新しく建てられたと思われる「八田技師記念室」。
八田與一ゆかりの色々な資料が展示されています。
画像

八田與一の写真。
画像

画像

画像

画像

彼の偉大な功績をまとめたビデオも放映されていました。
画像


とても広い敷地なので、次のポイントへはクルマで移動します。
ハイヤーで来て大正解でした。
こちらでは、八田與一の家をはじめ、数件の日本人家屋が復元されていました。
画像

八田與一の居住家屋。
左端は與一の書斎だったところだそうです。
画像

画像

庭に建っている婦人とお子さんの像。
婦人のお顔はダムの方を向いているそうです。
画像

家屋の中は外からちょいとのぞいただけですが、八田與一の地元の金沢から持ってきた調度品も多いのだとか。
画像

家屋の隣の通りは、「八田路」という與一にちなんだ名前がつけられていました。
画像


再びクルマに乗り、小高い丘へ登っていきます。
金沢市から贈られたという灯籠。
同じような灯籠、兼六園で見ました。
画像


みなさん、日本人の団体観光客。
我々5人より少し年配の方々のように思いました。
画像


資材や人を運んだ機関車も大切に残されてありました。
画像

となりに展示されているのは、ダムの放水口の扉だとか。
画像


この地へやって来た大きな目的は八田與一の銅像とお墓にお参りすることでした。
この像は烏山頭ダムの方を向いており、與一はこのようなポーズで良く考え事をしていたそうです。
画像

画像

画像

ある文献によると、「日本から赴任した八田は、『宗主国からきた指導者』として威張るようなところはまったくなく、みずから危険な場所にも足を踏み入れ、マラリアに三回もかかり、毒蛇にも何度も噛まれ、苦心の末に巨大ダムを完成させた。」とあります。
また、このようなエピソードも残っています。
「戦前の金属不足により金属製品の供出が始まった頃、何者かが八田興一の銅像を溶かされたくないと思ったのか隠していた。所が、戦後は国民党による日本抹殺の荒らしの中、こういうモノを表に出すとどうなるか判らない・・・でそのまま風化したと思われたが、1981年に駅の倉庫から突然現れた。その後、銅像は元の位置に戻され、5月8日の命日には嘉南農田水利会主催で慰霊祭が盛大に行われている。」いかに彼が台湾の人たちに慕われているかをあらわすエピソードであり、同じ日本人としてとても誇らしいと思いました。
しかし、つい一月ほど前、八田與一の像の首を切られるという事件が発覚し、像の回りは赤いテープで囲まれ近づくことが出来なくなっていました。なので、この像も複製なのだとか。この事件の張本人は、何と台北市の市会議員だとか。台湾の人たちは、日本人にとても親切な人が多いのですが、中にはこのような人もいるのだなと思うと残念でなりません。
これからも日本と台湾のさらに深く末永い友好関係を願ってやみません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 48
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
大変な思いをしながらも成し遂げられたんですね
誇らしいですね

銅像を守ろうとしてくれた人がいたというのも何か嬉しいですね

私は大したことは出来ないけど、人の役に立てる人間でありたいと、いつも思っています
助けてもらってることの方が多いかもしれませんけどね(笑)


とまる
2017/06/23 20:51
八田與一のお話、聞いたような記憶が
ありますが、台湾の方々に敬愛されて
いるとは、日本人として誇りに思いま
すね。

観光にハイヤーを活用するのは、便利
なことが多いですね。

九州旅行で長崎の観光にハイヤーを
利用し大変助かりました。

腰痛の私は手押し車持ちだったので、
運転者さんが親切に便宜を図って
くれて助かりました。

人数割すると案外重宝しますね。
kunityann
2017/06/23 21:32
とまるさん、こんにちは。
偉業を成し遂げた八田與一も素晴らしいですが、このようにいつまでも大切に思ってくださっている台湾の方々にも感謝したいと思います。
OZMA
2017/06/25 11:26
kunityanさん、こんにちは。
案内していただいた施さんには、とても良くして頂いていただいたので、本当に感謝しています。
お支払いしたツアー料金以上に値打ちのあった旅でした。
OZMA
2017/06/25 11:29
こんにちは♪
台湾では日本人は意外に親しみを
もって接してくれたりしますよねぇ
中国や韓国は 戦前の日本人がした
行為について 憎しみを持ってますけど
台湾の方は 戦前 日本の植民地だった
事を 台湾によくしてくれたと言って
下さる方も多いですし
八田さんみたいな方がいたおかげですよね

台湾で 日本人の事を悪く言う人は
割と中華民国から共産党との戦いで
逃げてきた中国人が多いような気が
します
おとめ
2017/06/26 12:32
おとめさん、
Uによると、韓国へは台湾以上の先進技術を投入していたらしいです。
また八田與一のように統治に貢献した人もあるようですが、このような美談になることはありませんでした。
ガイドの施さんもおっしゃっていましたが、台湾で反日感情をいだいている人は、そのような外省人の方が多いそうですね。
OZMA
2017/06/27 11:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
おっさん5匹「KANO」ゆかりの地を巡る旅F〜烏山頭水庫〜 OZMAのおもちゃ箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる