OZMAのおもちゃ箱

アクセスカウンタ

zoom RSS マチルダ歩兵戦車

<<   作成日時 : 2017/01/15 22:17   >>

ナイス ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 12

画像

イギリス歩兵戦車マチルダが完成しました。

重装甲の歩兵戦車として開発され、第二次大戦の北アフリカ戦線でその強固な防御力を活かしてイギリス軍の主力戦車として奮戦したのがマチルダです。
イタリア軍に対しては圧勝、またドイツ軍のあらゆる戦車砲や対戦車砲を寄せ付けず、畏敬を込めて「砂漠の女王」と呼ばれました。
要衝トブルクの解放をめざす1941年6月のバトルアクス作戦におけるドイツ軍88mm高射砲との対戦はあまりに有名で、北アフリカの激戦を語る上で欠かせない存在として戦史にその名を残しているのです。
(TAMIYAのHPより)

★イギリス歩兵戦車 マチルダMk.III/IV(タミヤ1/35)★
画像


まずは、仮組み。
車体の前部に少し隙間が出来ています。
後で削って隙間を埋めようと思っていたのですが、最後まで忘れてしまっていました。
画像


サフを吹きました。
錆の感じが出て、戦車にはこの色のサフが正解だったと思います。
画像

画像


北アフリカ戦線に送られたマチルダには、車体のシルエットや進行方向を誤認させるため直線的な迷彩塗装が施されていました。
車体塗装一色目。
画像

車体塗装二色目。
画像

車体塗装三色目。
画像

塗装の度にマスキングをするのが大変でした^^;
マスキングをはすしてみます。
画像

少し吹きこぼれがありますが、これぐらいならOKです。

キャタピラはゴム製ではなく、プラスチックの独立式でした。
一つ一つ繋いでいくのは大変でしたが、こちらの方がリアルなような気がします。
画像


細かな部分を塗り分けて、一応車体は完成。
画像

画像


スカートを取り付け、デカールを貼り、最後にウェザリングを施してようやく完成♪〜
画像

画像

画像

画像

画像


戦車は同じような迷彩が多いように思いますが(まだ4台しか作っていませんが^^;)、マチルダはちょいとハデな迷彩なので気に入っています。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 52
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
またまた完成したんですね 
次々とすごいなぁ〜って思います

私もやりたいことは沢山あるんですけど。。。
出来てないです
OZMAさんを見習わなくては (^^)v
とまる
2017/01/16 00:05
ドイツ、イタリアの重火器にも
対抗し得る、特にドイツの技術力
をも上回るイギリスの戦車の
素晴らしさを初めて知りました。

プラモデル作りの幅広さに敬服
脱帽ですね。

少飛と同じく少年戦車兵学校が
ありました。

山梨の甲府に少年戦車兵慰霊碑を、
訪れたことを思い出しました。
kunityan
2017/01/16 08:51
とまるさん、おはようございます。
プラモは月に一台ペースで作っていますね。
国産のプラモは数百円〜3000円程度なので、割とお安く楽しむことができます^^
OZMA
2017/01/17 06:52
kunityanさん、おはようございます。
自分の制作したプラモの実機を調べていくと、飾っていても思い入れがありますね。
お酒をちびりとやりながら、ケースに飾っている模型を眺めるのが至福の一時なのです。
OZMA
2017/01/17 06:55
おはようございます
着々と進行してるって感じで
すごいですね!
私は こういう こつこつと
続けることが苦手なんです・・・
おとめ
2017/01/17 08:51
残念ながら明るいところで、白字は読みづらい。
私も戦車好きです。徳のドイツのタイガーが。
nibari1498
2017/01/17 08:52
大変遅くなりましたが今年もよろしくお願いします
なかなか変わったカモフラージュですね
キャタピラがプラですか…凝ってますね
papadrifter
2017/01/17 22:38
おとめさん、おはようございます。
定年1年目に比べ、2年目は随分「100のリスト」の進行がゆっくりになってきました。
今年に入ってからも、ブログの公開も2日に1回のペースになってきましたし・・・
もうちょいと頑張らなくてはと思っています。
OZMA
2017/01/18 06:23
nibar1498さん、おはようございます。
私は第2次大戦中の飛行機が好きなのですが、最近は戦車も作るようになりました。
ドイツのキングタイガーもそのうち作ってみようと思います。
OZMA
2017/01/18 06:26
papadrifterさん、今年も宜しくお願い致します。
このカラーリングで砂漠の中でカモフラージュ出来るとは不思議です。
キットにはゴム製のキャタピラも着いていたのですが、プラ製の方が手間はかかりますがリアルですね。
OZMA
2017/01/18 06:31
子どものころよく戦車のプラモデルを作ったのを思いだしました。
イギリスの戦車は、ドイツやソ連の流麗な感じと違い、ちょっとごつごつしていて、独特ですよね。
マチルダは、アニメ“ガルパン”でも活躍していましたね。
OZMAさんの記事を読んでいて、また戦車のプラモを作りたくなりました。
家ニスタ
2017/01/22 12:30
家ニスタさんもプラモデルを作られていたのですね。
子どもの頃は、プラモデルがハイカラな玩具でしたね。
家ニスタさんのプラモデルの記事も大いに楽しみです^^
OZMA
2017/01/23 10:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
マチルダ歩兵戦車 OZMAのおもちゃ箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる